Deffic盛岡武館【公式】

Friends 76

ジークンドー・詠春拳・シラットの道場

Deffic盛岡武館とは

盛岡市上田四丁目の4号線沿いに位置する当武館は、ジークンドー・詠春拳・シラットを本格的に習得できる、東北でも他に類を見ない東洋武術専門の道場です。

初心者や運動が苦手な方でも、護身術として安心して学べるように、アットホームでクリーンな指導環境をご用意しておりますが、実務レベルの戦闘技術として学びたい方(自衛官、警察官、警備員など)にも納得して頂ける、実戦に則した技術を提供しています(岩手・秋田・青森各駐屯地での指導実績あり)。

当武館のカリキュラムは、「日常を快適に生き抜く」ことをテーマに構成されております。
歩法を始めとする身体操作技法『CoreDrive』は、あなた本来の身体的ポテンシャルを目覚めさせ、実戦的な東洋武術を元に精製された戦闘技術は、あなた自身や大切な人を護り血路を切り開く武器となってその身に宿ります。

身体を外部的に鍛える一般的なスポーツジムと違い、当武館は人間の生来の身体能力を、独自のメソッドにより内部的に再開発(再発見)することにフォーカスしています。
そのため、仮にブランクが生じたとしても、日常生活そのものが稽古の時間となるため、能力がゼロに戻ることはあり得ません。
生涯、あなたの日常生活を支える財産として残りつづけるのです。

CouponSee more

Mixed media feed

Defficで学べる武術See more

截拳道(ジークンドー)

武術家にして俳優であるブルース・リーが創設した近代武術。 詠春拳をその礎とし、ブルース・リーの手により様々な伝統武術や格闘技のエッセンスが融合され、全局面対応の近代的総合武術(Modern Martial-Arts)として誕生した。 その経緯により、伝統的な武術の秘伝と、近代的な格闘技の即応性を併せ持つという特色がある。 現在、世界中に存在する各截拳道団体は、それぞれオリジナル派とコンセプト派の2つに大きく分けられるが、Deffic IMMFはコンセプト派の流れを汲む。 Defficの截拳道は、その技術体系を構成する要素の一つ一つについて、ブルース・リー師祖の截拳道創設当初の理念(Concept)に基づき再分解・精製・取捨選択を重ねることにより、独自の超実戦的武術として再構成・発展させた「ハイブリッド・ジークンドー」とも呼べるものである。

詠春拳

広東省を中心に伝承されていた、徒手武術を主とする中国武術。 近年では映像作品等により、葉問(イップ・マン)派詠春拳が有名である。 女性武術家である巌詠春が開祖であるという説があり、短橋狭馬と呼ばれるコンパクトな構えと動作が特徴の一つ。 動体視力や反射神経よりも、接触感覚・空間認識をより重視し、戦いにおいては相手の攻撃動作を抑制しつつ攻撃を加えるという独特な戦術を用いるため、至近距離での攻防において強力なアドバンテージを持つ。 その直截的な戦闘理論や即応性の高さから、他の武術や格闘技にその技術や理論を採用される例も多く、ブルース・リーは少年期に学んだ詠春拳を基に截拳道を構築した。 Defficでは詠春拳を、截拳道系団体としては異例とも言える専門的なレベルで修練し、そのエッセンスを独自の技術体系に高い水準でインストールすることを目的としている。

シラット

東南アジア(主にインドネシアやマレーシア)で行われる伝統的な武術。 その歴史は古く、様々な流派が数多くが存在するが、現在広く伝えられている「近代シラット」は、手数の多彩さと攻撃性の高さが特徴であり、近年、国内外を問わずアクション系作品に登場する機会も増え、徐々に認知度が上がっている。 武器を用いた技術も多く、特にカランビットと呼ばれる鎌状のナイフが有名であり、他にもマチェット(鉈)やサロン(布製の帯)、スティック(短棒)などを用いる。 東洋武術に多く見られる、肘や膝を活用する技術についてもシラットは非常に多彩であり、その実戦での有効性に注目した各国の軍隊や法執行機関に戦闘術として採用される例も増えている。 Defficでは、シラットの圧倒的な攻撃力と、「One Skill, All Weapons(ひとつの技で、全ての武器を)」の理念を追求し、簡潔かつ強力な戦闘技術として導入、技術体系を構成する主要素の一つとしている。

Social media

Follow us on social media

You might likeSee more

Country or region: Japan