twillweave

Friends 56

特性を伸ばし人をみがく伴走型coach

Social media

Follow us on social media

Reward card

Mixed media feed

自分の特性を知ろう!See more

私たちの特性・個性はどのようにつくられているのでしょうか?
占いではありません🍀

行動心理学・ストレス研究の権威であられる小林博士が体系化された「5つの因子とストレス」(FFS理論)によれば次のようになります。
①遺伝的要素(保全性因子・拡散性因子)
②環境的要素(弁別性)
③教育的要素(凝縮性因子・受容性因子)
これら3要素の5つの因子の強弱により、特性がつくられているとの事です

そして、それぞれがもっているストレス要因(ストレッサー)を見える化かすることで、組織適正化のガイドラインになるのです

関係性の課題の一番の原因は、コミュニケーショントラブル・エラーです
弊社では、FFS診断を推奨しております(ワークスエンターティメント社と契約しております)

弱みを強みに変えるのではなく、強みを強みとして活かし更に強める事!
それこそが、個の特性を活かす最善の方法です

そしてコミュニケーションスキルを伸ばす為、自分自身を理解し俯瞰視点を身に付ける事!

俯瞰視点を身に付けるとは、個が視野を拡げるだけでなく 様々な考えや価値観を持つ自分とは異なる視点をもつ人の重要性を理解し、より広い視野を手にする事です

あなたの特性はなんですか?

伴走型サポートプログラム

IKIGAI✖️Points of You®︎

あなたにとって大切な価値観とは何ですか? 生活していく上で、無意識に選択しているものとは何でしょうか? 私たちは、日々の選択の実に95%を無意識に決定しています そして、その無意識は過去の経験や知識によってもたらされている価値観です 無意識であるが故に、時に意識し選択した事がストレスを招き苦しむことになったりします 【無意識を見える化する】 それが弊社のワークのテーマです このワークでは、あなたのIKIGAI(生き甲斐)にフォーカスしていきます IKIGAI。。。。。 あなたにとっての生き甲斐とは?

クリエイティブをマネジメントしよう❗️

『創造力』 私たちは日々生活している中において、自分の未来やこれからの事など、想像したりしますよね 想像とはイメージです そしてそれは今までの経験がベースとなったもので、そのレールに存在していない未来は描くことが困難です それはつまり、経験を同じくしない他人との関係構築や 未知の仕事にも同じことが当てはまります そこで、『創造』 即ちクリエイティブ力が重要になるのです 【無意識を意識化する習慣】 この魔法を体験してみませんか?

You might likeSee more

Country or region: Japan