学校紹介

北海道ハイテクノロジー専門学校は、新しいこと、好きなことにどんどんチャレンジができ、そのチャレンジを応援しサポートしていく学校。
そこには今年で開校32周年を迎える圧倒的な
実績と業界からの信頼をベースに、ハイテクだからこそできる「ここにしかない学び」があります。
新しい仕事、業界・地域と連携した学び、たくさんの学科とのコラボレーション。
好きなことが自信につながる瞬間、それはあなたの夢へ近づく大きな一歩です。
さあ、ハイテクで新しいことはじめよう!

【設置学科】
◆医療分野
・救急救命士学科
・義肢装具士学科

◆IT分野
・ITメディア学科(eスポーツ専攻/ゲームクリエイター専攻/ドローン専攻/プロジェクションマッピング専攻/デザイン・CG専攻/ホワイトハッカー専攻/AI専攻/プログラマ専攻/医療データ専攻)
・宇宙・ロボット学科(宇宙開発専攻/AIロボット専攻)
・AIスマートアグリ学科

【2021年4月に札幌看護医療専門学校として分離】
・視能訓練士学科
・歯科衛生士学科(ホワイトニング・デンタルエステ専攻)
・看護学科
・臨床工学技士学科

【学ぶ環境】
札幌ドーム1.5個分の敷地にたくさんの校舎、約1000名が学ぶ道内専門学校では最大級の専門学校です。他にも学生寮やリーズナブルな学生食堂、社会人には嬉しい車で通学できる無料の駐車場を400台完備しています。

【2021年新さっぽろに新キャンパス開校】
看護学科、視能訓練士学科、歯科衛生士学科、臨床工学技士学科は2021年新さっぽろキャンパスに移転を計画しています。
新さっぽろ周辺地区の再開発の一つのコンセプトに、「官民一体となり、今後増加する女性の医療従事者が輝ける街」が挙げられています。
本学園ではそのコンセプトに応じ、近隣医療機関と連携した産学連携教育や地域保健活動への参加を通じて、「即応性」「創造性」「人間性」を育み新たなステージでの職業人教育を展開していきます。