蔵王の昔飴本舗

Friends 105
  • 素材をいかしたおいしい飴
  • Wed Closed
  • 土曜日曜・祝日は休み
  • 0224531136
  • http://zao-ame.com
  • 〒989-1201 宮城県 柴田郡大河原町 大谷字西原前92-1

ゴールデンウィーク休業のお知らせmore

■GW休業期間:
令和4年4月29日(金)~5月5日(木)

お客様各位

平素よりご愛顧いただき、誠に感謝申し上げます。

 大変申し訳ありませんが、以下の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきますので、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

■GW休業期間:令和4年4月29日(金)~5月5日(木)

 本期間においては、FAX及びネットショッピングでの受付、商品の発送・お問い合わせへのご返答・注文に関するご連絡について、すべてお休みさせていただきますので、ご了承いただけますようお願いいたします。

 休業日前の発送は、4月27日(水)16:00までのご注文受付分となり、5月6日(金)以降のご注文受付分については、5月9日(月)以降、順次発送いたします。

 なお、本社工場前の飴専用自動販売機については、ゴールデンウィーク中でもお休みをせず、24時間営業しておりますので、ご利用いただきますようお願いいたします。

会社概要more

1959 年より、ここ宮城県大河原町で飴(アメ/あめ)を作りはじめております。飴は素材が主役。素材そのものを活かす飴づくりを心がけています。

大河原町は、至る所から蔵王連峰が一望できる美しいまち。その壮大で美しい蔵王にちなんで、先代が屋号を「蔵王の昔飴本舗」と名付けました。

時代の流れと共に小さな飴屋は減ってきていますが、当社では、長年受け継がれてきた昔ながらの製法にこだわった飴づくりを今も続けています。

出来上がりのイメージや味付けによって、飴の原料となる砂糖や水飴を、数ある種類の中から選び組み合わせていきます。そして、ひと釜ずつ直火で炊く「地釜炊き」製法で原料をじっくりと炊き上げます。その時に、ほのかに焦げる砂糖の香ばしい旨みが、飴に深い味わいを与えてくれます。

大手では大量に一定の品質の飴を生産するために、真空釜で水分を飛ばす方法が主流となっており、今では希少な製法でつくられる飴ともいえます。また、空気を含ませるように引きを繰り返すことで、絹のように輝き、サクサクの食感が楽しめる飴に仕上がります。例えば、宮城県産苺のドライいちご・フリーズドライいちごの2種類を贅沢に入れた「宮城のいちご飴」。かじるとサクサクとした食感が楽しめ、本物のいちごならではの甘酸っぱい香りが口いっぱいに広がります。

ひと釜ずつ作るため少量ずつしか生産できませんが、その代わりに小ロット生産が可能となり、さまざまな地域との繋がりが生まれております。

多地域から各種相談を受けて、贈答品、ノベルティ、お祝い品、記念品に活用できるオリジナル飴を多数開発しております。

JR仙台駅、道の駅、松島等のお土産品店、本社直売、ネット販売等で取り扱っていますので、是非、ご賞味いただきますようお願い申し上げます。

商品more

オリジナル商品more

FAQmore

  • A入口ドアの横にあるチャイムを鳴らしてください。入ると玄関先に商品を並べております(夏季の場合は除く)ので、ご覧いただき、ご購入することができます。

  • A玄関先でもキャッシュレスに対応したPOSレジを用意しております。レシートや領収書の発行も可能です。

  • A社長くん です。

Social media

Follow us on social media

Mixed media feedmore

駐車場案内more

当社敷地内にアスファルト舗装の駐車場があります。隣の「焼肉・ステーキレストラン 登正門」さんの駐車場看板がありますが、当社の敷地を登正門さんに貸しているものです。当社にご用件がある方は、遠慮なく、駐車場をご利用願います。

You might likemore

profileImg
蔵王の昔飴本舗
素材をいかしたおいしい飴