Afends.

ABOUT US バックグラウンドは、バイロンベイの豊かなカルチャー オーストラリアの最東端に位置する、バイロンベイ。港に囲まれ、サーファーの聖地として世界中からリスペクトを集めるこの街は、ヒッピー、ストリートなど、さまざまなカルチャーが交差する場所でもある。Afendsは、そんな多様な街でデクラン・ワイズとジョノ・サーフィールドによって2006年に創立された。 創立者の2人がこの街で最初に始めたのは、シルクスクリーンを用いたパンクバンド、ハードコアバンドのバンドグッズの制作と販売。それが軌道に乗ると、サーフィンやスケートカルチャーの要素を取り入れ、ミックスをした新しいスタイルのブランドをつくった。 クリエイターとのつながり Afendsというブランドは、世界中でブランドマインドを深く理解し、共有するクリエイターとのつながりによって支えられている。そして、彼らと情熱をシェアすることにより、変化し続けるトレンドのなかにAfendsのスピリットとの共通点を探り、プロダクトのなかに取り入れているのだ。 QUESTION EVERYTHING 「すべてのことに疑問を持つ」 Afendsというブランドは、世界中でブランドマインドを深く理解し、共有するクリエイターとのつながりによって支えられている。そして、彼らと情熱をシェアすることにより、変化し続けるトレンドのなかにAfendsのスピリットとの共通点を探り、プロダクトのなかに取り入れているのだ。

#afends#portofcall
BANKS JOURNAL

ABOUT "BANKS JOURNAL" それぞれのバックグラウンドを持つ、4人の創始者 BANKS JOURNALは海辺での暮らしを楽しむライフスタイルと、デザインへの愛が、すべての発想の源となっている。このブランドが持つ思想は、創始者である4人それぞれの、全く異なる環境での子供時代を過ごし、そこで培われたであろう正反対ともいえる世界観がBanks Journalで融合することで、現代的かつ心地よいCoastal lookを提案するブランドが生まれた。そして、彼らが持っているものづくりへの豊富な知識と経験が、バイロン・ベイ、東京、そして南カルフォルニアのニューポートビーチに点在するレーベルのオフィスを形づくり、支え、また後押ししている。 BANKS JOURNALの目指す場所 BANKS JOURNALがブランドとして目指すことはとてもシンプルだ。それは、スタイルと機能性を融合し、サステナブルな視点で設計開発にアプローチをしていくこと。なぜなら、ブランドを運営すること、すなわち、製品を作り販売することは、私たちが暮らす地球環境に直接的で大きな影響力を及ぼすから。だからこそ、それを維持し、守っていく努力をしていくことで、地球の未来が明るくなるチャンスや、進歩に繋がるかもしれない。また、このブランドに集まったサーファー、デザイナー、そしてフォトグラファーもまた、彼らの好奇心、そして「世界をよりよくしていく」ことへの熱意によって結束を高めている。 ブランドの由来 オーストラリアでは、こんな状態を"Sand banks"と呼ぶ。まるで魔法のように平らな海面にあらわれて、海岸へ着いたと思えばその形を失ってしまう波の姿だ。常に形を変え、同じものはふたつとなく、進化していく波と、そんなふうに変化していく世界を一分一秒の変化を目に焼き付け、記録していたいという思いから、「BANKS JOURNAL」は生まれた。 サステナビリティへの願い バイロンベイが遊び場だった幼少期から創設メンバーの中のティムとラマは、自分たちの身のまわりにあふれる自然に対して、深い畏敬の念を抱いていた。だから、地球環境にフレンドリーな素材をブランドで使用することは自然な選択だった。特に、オーガニックコットンを使用したTシャツとフリースは、ブランドが誇る製品だ。その他にも、プラスチックとフタル酸エステルを使用しない衣類用インクや、ペットボトルから作ったショーツなど、さまざまな取り組みをしている。 環境負荷を徹底的に軽減する、という大きな目標を達成するには、まだ"BANKS JOURNAL"は不完全な部分もあります。けれど、すべての製品に対して誇りを持ち、いいものをつくろうという気持ちで、一歩ずつ歩みを進めています。

#banksjournal#portofcall
Barney Cools

2014年創設のブランド。ZANEROBEディレクターのナット・タブマンが、シドニーノーザンビーチのホエールビーチで毎日サーフィンをしていたJakeyをブランドディレクターに迎えて始まったオーストラリアのライフスタイルブランド。 ZANEROBEのセカンドブランド。 世界のファッショニスタにリラックススタイルの提案を発信しており、ニュージーランドからニューヨークへとその名は知られ、さらに現在では各国へその人気は波及しています。 彼らのデザインソースは海岸線、雪山、パーティーシーンと様々なシチュエーションをイメージソースとされている、とても刺激的なもの。「貴方の服は、貴方の理想とするライフスタイルを反映させるべき」というコンセプトのもと、高感度のアイテムを産み出し続けます。

#barneycools#portofcall
CALMS by H THINK

CALMS by H Think は毎日を健康的に過ごす為のセルフ・メディケーションです。CBDは現在、様々な治療の効果が期待され研究が進んでおります。CALMS by H ThinkはCBDを日常に取り入れることで、不調を未然に防ぎ、心身を整え、毎日を最高の状態で過ごす為のCBDです。 過多な情報、ブルーライト、眠らない街、暴力的な匿名文化、デジタル監視、歪な経済社会、、、現代社会に溢れる刺激は、微細ですが、継続的ストレスとして心体に蓄積されてしまいます。毎日の眠りが浅くなり、免疫力低下し体調不良を抱え、心身のバランスを壊し、その累積は大きな病に繋がりうるものです。これらは総称し”カンナビノイド欠乏症”と呼ばれています。その欠乏症を抑制し調整する身体調整機能がECS(エンドカンナビノイドシステム)です。CBDは疲弊したECSのパフォーマンスを最大限に引き出す天然成分です。 CBDは開発以来、瞬く間に世界に広まっています。2019年のアメリカの市場規模は600億円を超えました。これは日本プロテイン業界の360億円を遥かに凌ぎ、世界全体では3兆円規模に急成長しています。CBDは現代のストレス社会の新たな常識となりそうです。サプリ業界のみならず医療業界も注目するこの成分の爆発的広がりに伴い、粗悪品の横行が問題になっています。 CALMS by H Think はFDA認定のオーガニック原材料を使用し、日本で精油し、厚生省の厳しい試験を合格した最高品質の made in Japan のみをご提供させて頂いております。 How to use. CBD ISOLATE TINCTUREはMCTオイル(ココナッツやパームに含まれる中鎖脂肪酸だけを取り出したオイル)をベースに無味無臭で作られているので、お料理に和えたりお飲物に混ぜてお召し上がりいただけます。毎朝のコーヒーやスムージー、ヨーグルトに、サラダやパスタ、スープにプラスするなど、アイデア次第で取り入れ方は様々です。

#CALMS#portofcall
Critical Slide

"シンプルで楽しい"を体現する The Critical Slide Society (TCSS)は2009年にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州のSleepy Seaside Villageにて設立された。TCSSが体現するのは、勝負としてのサーフィンの世界でなく、シンプルで楽しいサーファーのライフスタイル。創業者であり、サーファー、アーティストでもあるJim Mitchellと、Sam Coombesの二人は、サーフカルチャーのクリエイティブプラットフォームを作りたいという明確なビジョンのもと、このブランドを立ち上げた。 TCSSの特徴は、1950~1960年代のカリフォルニアや、1960年代のオーストラリアのスタイルが持つ、レトロかつ洗練されたデザインと、経験により裏打ちされた実用性だ。優れた世界中のアーティスト、フォトグラファー、デザイナー、フィルムメーカー、サーファーなどと活動を共にすることで、そしてユニークなアプローチと細部までにこだわったデザインをプロダクトに落とし込んでいる。このブランドの製品がいかに優れたデザイン性と実用性を備えているかは、「STAB MAGAGINE」が主催するボードショーツの世界一を決めるコンテスト"Best Boardshort"で3年連続1位を受賞していることが証明になるだろう。世界中のサーファー、そしてクリエイターに愛されるTCSSのプロダクトたちは、現在世界中のリテールショップにストックされ、販売されている。

#Criticalslide#tcss#portofcall
EPØKHE

すみずみまでこだわり、自分達が納得できるクリエイティブを目指して EPØKHEは2012年にフィルムメーカーのKai Nevilleと、プロサーファーDion Agius & Mitch Coleborneが設立したアイウェアブランド。ブランド設立のきっかけは、2010年にメンバーのKaiが監督した映画『Modern Collective』だった。創業者の3人は、10代からのつき合いで、一緒に世界中を旅したり、ものづくりをしていた。ティーンの頃から共に過ごし、ものづくりをしている3人が、映画の撮影を通じてクリエイティブを監修できるブランドを立ち上げることを決心したのは、ある意味必然だったのかもしれない。 では、なにをつくるか。外で1日中過ごしていた彼らは、日差しの下、本当に着けたいと思えるアイウェアがなかなかないことに気付く。この日常のひょんな気付きがきっかけで、スペシャルで探求的、そして若々しさを持つアイウェアブランドEPØKHEは生まれた。 多様性から生まれたデザイン EPØKHEのフレームは、Kai と Dionが友人たちと旅行に行った際に受けたインスピレーションから作られている。それに加えて、頻繁に友人のサーファー、フィルムメーカー、フォトグラファーなどと連絡を取り合い、情報交換をすることで、視野を広げ、タイムレスでオプティカルな、新しいスタイルを想像している。 また同ブランドのアイテムは、最高級で、サステイナブルな素材を使用しており、クオリティー、デザインだけでなく、エシカルな生産方法にも留意している。デザインは、商品を手に取る人のためだけにあるわけではない。持続可能性を視野に入れ、地球規模で生産の仕組みをデザインすることが、ブランドの基盤となっている。

#epokhe#portofcall
ROIAL

世界ランカーだった元プロサーファーがカリフォルニア、ハンティントンビーチで立ち上げたブランド。 ブランドの創立者であるボビー・クヌッドソン、ケーシー・ウィートらは、LAから約100km南下した小さな町NEWPORT BEACHで生まれた。サーフシティーとして世界的に有名なハンティントンビーチの高校を卒業後、プロに転向し世界中をツアーで巡った。 そして1997年にroialを設立した。 roialのルーツは創設者ケーシーの祖父にさかのぼる。彼らの一族はハンティントンビーチ沿いの雑貨屋を営みローカルサーファーの間でも深く親しまれてきた。祖父もサーファーであり"HB LEGEND"(ハンティントンビーチの伝説)と呼ばれ、ローカル達に親しまれて来た。その孫であるケーシーもそのサーフカルチャーの中で生れ育った。 roialはHBローカルトレンドの中心から生れ、そこへファッション感度の高いヨーロピアン・トレンドや、建築デザイナーのボビーらしい目線が生み出す、スタイリッシュで繊細で構造的なデザインのエッセンスを合わせることで新しいスタイルを生み出した。 それは、ビーチでも街でもオシャレなカリフォルニアらしい新世代のブランドの先駆けとなった。 Living the Good Life 創立当初からroialのコンセプトは一貫して楽しいライフスタイルの提案である。カリフォルニアの美しい自然と洗練された街、その中で楽しく生きる人々のスタイルをより多くの人に共有することにある。最高な1日に着ていたい最高の一枚、それを実現する為に常に進化を続けている。厳選された素材と革新的なデザイン、クラシカルなテイストとモダンなスタイル、カラーパレットから生地、シルエット、着用感、細部まで徹底的にこだわっている。 その一枚に袖を通した瞬間に、Living the Good Lifeを体感してもらえるように。

#roial#portofcall
SALT&STONE

ちょっぴりの好奇心と放浪を、後押しするケアブランド 人それぞれ、心を静かに開放できる場所や瞬間は異なっている。ある人は、波打ち際のカモメが歩く姿を遠くに見ながら、丘まで届く潮風を肌で感じているとき。またある人は、花崗岩に映える松の木が、すがすがしい空気に葉先を揺らす瞬間。あるいは、文化が絶えずすれ違いぶつかり合う都会の真ん中が、その人にとっての自分を解放できる場なのかもしれない。 そんな、一人ひとりの「生」を感じられる場所や瞬間に寄り添い、あるときはその手助けをするブランド。SALT&STONEが目指すのは、そんな姿だ。好奇心と、ちょっぴりの放浪癖、今の社会ではなかなか発揮できないそんな感覚を、少しだけ後押しできるプロダクトを目指している。そのためにも、体や自然に反するものは使わず、全ての人工的な芳香剤、硫酸塩、シリコン、石油化学、人工着色料は含まない、自然な素材のみで作っている。そして、動物実験を行わないことも、重要なポリシーでもある。自分にも、そしてあなたを囲む世界にもナチュラルであること。西海岸発のユニセックスケアブランド、SALT&STONEは、そんな生き方を後押ししている。

#SALT&STONE#portofcall
UPPERCUT

ABOUT US オーストラリア発のWilly Uppercut OSheaと Uppercut Deluxeは、モダンな1950年代のバーバーショップにインスパイアを受けてできたメンズグルーミングのブランド。上質な素材のみを使用し、真のハイクオリティを目指す同ブランドは、バーバーとスケートが大好きな幼馴染同士のLuke Newmanと Steve Purcellによって作られた。 バーバーショップの持つタイムレスなコミュニティ Newmanは、オレゴンのポートランドにて、友人とスケートパークの設計を行っている際に、バーバーの世界に興味を持つようになる。というのも、彼が毎日訪れるコーヒショップの隣が、クールなバーバーショップだったのだ。毎日前を通りがかるうちに、「バーバーショップはなんてタイムレスで、確立されたコミュニティなんだろう」と発見し、やがて「これなら、人生を費やして出来る仕事だ」と考えるように。彼はさっそくオーストラリアに戻って、バーバーの見習いをしながらバーバーの歴史を学び始めた。 一方、Purcellは現在13年間バーバーとして働いている。彼がこの仕事をはじめた理由は単純で、父親に「仕事を見つけたら学校を辞めていい」という条件を出されたから。ここからがとてもスピーディだった。その申し出を聞いた矢先、兄弟がたまたまバーバーで見習い募集をしている張り紙を見つけ、それをPercellに伝えたのだ。すぐに、学校から逃げ出す絶好のチャンスだと思い、彼はバーバーになることを決意した。 偶然といえど、この出来事は小さい頃にPurcellをバーバーへ連れて行ってくれた祖父Willyとの強いつながりを感じ始めるきっかけでもあった。常に気品を重んじ、ネクタイとポマードを持ち歩いていた祖父。ボクサーだった彼のニックネームは、"アッパーカット"。そう、彼らの店名、そしてブランド名の起源だ。 バーバーの可能性を信じ続け、生まれたUPPERCUTクオリティ やがて仕事に熱心な2人は、人々の集まる場所を作りたいと思いお店をオープン。当時のオーストラリアでは、バーバーはおしゃれではないと誤解を受けていたため、バーバーカルチャーを知らない友人たちに理解されないこともあった。しかしNewmanとPercellはバーバーカルチャーがトレンドになる前から天職だと考え、他人の意見に惑わされず仕事へ向き合った。この先見の明と実直な姿勢のおかげで、現在は彼らのバーバーの前に長い列が作られている。 また彼らは、当時の質がいいとは言えない整髪料に満足できず、1年以上にもわたって質の良い自身のプロダクトを作り出すために様々な実験をした。そしてようやく満足にいくクオリティで出来上がった初めの商品が"Deluxe Pomade"だったのだ。今日、レガシーが詰まったUppercut Deluxeの商品は、世界中で愛されている。

#UPPERCUT#portofcall