ブランドヒストリー

ザ・スコッチハウスはグラスゴー出身のGardiner兄弟が1839年にツイードとタータンを揃えた店をロンドンに構えたことが発祥と言われています。

Gardiner兄弟は、当時民族衣装であったタータンをファッションとして普及させ、後に世界中から評価されるようになったスコットランド素材やニットを拡げた先駆者でした。

1986年には衣料部門において国に貢献した功績が認められ、Coat of Arms(紋章)が与えられました。

この中に刻まれている”Seirbhcis le treibhdireas”とはゲール語で”誠実なサービス ”という意味です。
Knightsbridge地区にあったお店の跡地は、今でも地元の人たちに”Scotch Corner”と呼ばれています。