ハトヤかまぼこ

蒲鉾発祥の地、兵庫県。私共は1946年に 1800年にわたる歴史をもつ日本の伝統食品“蒲鉾”の製造を姫路市で始めました。1960年、66年には東宮御所へも献上、 1984年には「農林水産祭」にて兵庫県水産練製品業界で 初めて「天皇杯」を受賞いたしました。 その後も数々の栄誉賞をいただくなど、品質の良さは最高級と自負しております。 地元のみなさまにおいても、「蒲鉾といえばハトヤ」と言っていただき、 日々、たいへんな喜びを感じながら、製造・販売させていただいております。 ハトヤでは、原材料の新鮮な魚を 昔ながらの方法で下準備することから始まります。 手間暇のかかる下準備をするからこそ、生まれる旨みがあります。 創業者、松本辰次郎は料理人であり、 「美味しいものを作る」という信念のもと、蒲鉾づくりをしてまいりました。 「蒲鉾とは斯くあるべし」と、"素材"、 "製法"、"美味しさ"にこだわり尽くした蒲鉾です。全世界に広がった日本発の水産煉製品ですが、私共は蒲鉾発祥の地である日本の味、技術を守り続けています。