炭火焼 山塞料理 地雷也

Friends 382

仙台国分町の地雷也のLine ページです

Social media

Follow us on social media

アカウント紹介

当店では中央に大きな炉を設け、蔵王の麓「七ヶ宿」で焼かれた白炭を贅沢に使い、串刺しされた魚介・肉などを豪快に焼きお客様に提供いたしております。 その豪快さが山賊の住処(すみか=山の要塞)での料理というイメージから山塞料理と銘打ち、店の名も「地雷也」と致した次第です。 海と山に恵まれた宮城県特産の新鮮な魚介や野菜、仙台牛などの素材を生かした「おふくろの味」を皆様に楽しんでけるようスタッフ一同日々工夫を重ね、皆様をお待ちしております。

Mixed media feedSee more

地雷也の歴史See more

S36年

S36年創業の建築会社の自信の企画だったが、クライアントが居らず、自分たちで営業をはじめた。

S38年12月開店

はじめは北海道のアイヌの住まいをイメージしていた北海道の「うたり」をモデルにして作った

S40年代

このころ飲食店街が国分町に広がり、東北一の歓楽街になる。

S50年代~60年代

オイルショックなどの影響で、3店舗に縮小、50年代地雷也1店舗に

S60年代から平成へ

バブルと、バブル崩壊、東日本大震災と様々な苦難を乗り越え今に至る。

You might likeSee more

Country or region: Japan