金沢医科大学 医学部

Friends 642

入試情報・オープンキャンパス・説明会

アカウント紹介See more

医学部長 横山 仁 金沢医科大学医学部の理念は、「生命への畏敬-Reverentia Vitae」を基本とし、建学の精神に掲げられた「倫理に徹した人間性豊かな良医の育成」を実践し、豊かな知識や技術と思いやりの心とを兼ね備えた臨床医を社会へ送り出すことに努めることにあります。 医学部教育課程はその良医育成の第1段階となります。すなわち、医師としての基盤形成、医学専門領域の知識と各種問題の理解把握と解決能力の育成、そして医師としてのしっかりとした価値観と好ましい態度を身に付けた人間性の形成にあります。 本学では、これらを効率的に達成するために医学部課程の教育をプロフェッショナル・キャリアパス・プランに基づき、医師となるための「基盤形成の6年」と位置付け、医学教育モデル・コア・カリキュラムに立脚した6年一貫統合型カリキュラムを編成しております。 学生はこれにしたがって初年次から連続的に得られる知識を統合し、医学においては、正常人体の構造と生理ならびにその病態の理解を深めるとともに実習を通じて臨床推論の思考体系と治療学の修得を進めます。これら学習の動機づけには、各種の早期臨床体験学習を積極的に活用します。教育方法として、自ら考え調べ問題解決を導く学習、参加型臨床実習などの方法を積極的に導入し、そのための環境整備にも配慮しております。医学教育センターを充実させて知識とともに実技を磨き,考えるための自主学習やグループ学習の習慣づけができるよう、斬新なスチューデントドクター医局(SD医局)の整備、臨床シミュレーションセンターの充実などを行い、各担当教員がケアに当たります。現在、建築中の「新医学教育棟」においては、オンデマンド等のIT環境とともに第5~第6学年の臨床教育におけるSD医局では、マイ・机,マイ・ロッカー、カンファランス室がより充実し、くわえて第1~第4学年の自主学習やグループ学習のための施設整備が行われます。 学習評価は、各学年におけるユニット試験・標準試験で行われるとともに、第4学年では、全国共通の共用試験(CBT)と実技評価(OSCE)を用いて習得した知識と実技を評価し、患者さんと実際に接する臨床実習への適正を判断します。第6学年では、総合的な標準試験,臨床実習、Advanced OSCEの成績により卒業が判断され、「医師国家試験」に臨みます。

Mixed media feed

You might likeSee more

Country or region: Unspecified