アカウント紹介

いにしえの日本人の民俗習慣においては、 自然物に神が鎮座するとして岩や山に祈りをささげてきました。 多くの神社の原点は祀られている岩(岩座)であり、 社殿や鳥居は後から作られたものです。 まだ自然と人間しか存在しなかった原始の時代、 人々は素朴な尊敬と畏怖を持って自然と共に歩んでいました。 祈りが成就するためには、自らの心を清め、 森羅万象の調和・循環とつながって生きることです。 それは生かされていることの官舎に始まり、 自らを律し身を収める心とともにあります。 日本人にとって日常の心のあり方、生活そのものが祈りなのです。 「岩座」では、心洗われる日本らしい 簡素で荘厳なデザインの商品を取りそろえ、 新しい御守のあり方を提案していきます。