逢坂誠二

所得の多寡によって教育の選択肢に格差が生じています。これを是正しなければなりません。義務教育の学校給食無償化。高校授業料無償化所得制限を撤廃。少人数学級実現。国公立大学授業料を半額に引き下げ。私立大学生や専門学校生に対する給付型奨学金を拡充。一人暮らし学生への家賃補助制度を創設。

4 likes0 commentsLINE VOOM