Yuka New York Yoga

Friends 112

お稽古ヨガスタジオ

アカウント紹介See more

Yuka New York Yogaとは ストレスがかかる状況の中で、ストレスに打ち勝ち、自分らしく、自分を大切にパワフルに生きていくことが求められるNY。 パワフルに生きるためには、身体と精神のコンディションを常に整えておく必要性が高く、男性、女性関係なく、年齢が違っても、例え、身体に不自由な点があったとしても、平等な精神。 そんなニューヨーカー達を背景に生まれたのが、NYスタイルとも言える、ヴィンヤサヨガです。 ストレスがあることで、人間が強くなれるように、負荷がかかることで身体も心も強くなっていきます ヨガでは、優しい動きももちろんありますが、普段動かしていない全身の筋肉にしっかりと働きかけ、呼吸(気)を流すことにより、滞ることなく全身の隅々までよみがえらせ、自分自信の身体と心に集中するように導きます。 そして、奥深いところの自分に対面することで、身体も心も整えていくことができます。 鏡がありません。講師はポーズを取りません。 サンスクリット語でもある「ヨガ」の本来の意味は、「呼吸を通じて、身体と心と魂を、内なる神(宇宙)に結びつける行法」です。 鏡があると自分の外見の姿が気になり、講師がヨガのポーズをとっていれば、視覚を通じて講師の体に100%意識が向けられ、自分自身に向き合うこと、集中することを妨げます。 ヨガ哲学を重んじて指導しているスタジオは「鏡」「講師がポーズをとる」こ2つはありません。NYではほぼすべてのスタジオがこの二つを徹底している。というよりは普通の状態です。 言葉と手による、リード&アジャストメント 講師は生徒の視界に入らない場所から、言葉だけで呼吸や動きをリードして行きます。 生徒は自分の姿を見ることもなく、講師を見ることもなく、講師の言葉だけを頼りに、自分の意思で身体を動かすことを通じて、五感を本来の鋭敏な状態に戻します。 さらに、講師の手によりにより、筋肉と骨の方向を調整(アジャストメント)し、そのアジャストメントされた身体の感覚によって、身体本来のあるべき方向に気づき、その繰り返しを続けることで、自身で、自分らしい本来の身体の形を作っていけるようになります。 身体が自分らしくなることで、自分らしい選択、判断ができ、自分らしい人生につながると考えております

Mixed media feed

求人情報See more

全米ヨガアライアンス認定200時間 ティーチャートレーニング2019 Introduction 自分に合ったレベルから始められる初級・中級・上級の3ステップ方式 全米ヨガアライアンス認定校である当スタジオで、 ヨガ指導者の資格を取得できます。 初級・中級・上級の3ステップ方式で、 自分のレベルに合ったコースから受講できます。 1コースだけ受講することもできるので、 資格希望者以外にも、 ヨガの理解を深めたい方なども是非受講ください。 修了後は全米ヨガアライアンスから修了証を発行。 コース修了後に修了証が発行され、全米ヨガアライアンスへ「認定ヨガインストラクター」として登録する事ができます。 日本国内だけではなく、世界でも共通する資格のため、 海外での活躍も可能です。 年に一度だけのヨガ指導者育成コース 代表がNYで勉強してきたヨガの知識と・経験・文化の違いなどを全力でティーチングし、責任をもって全てのクラスを担当します。中級クラスでは今、NYで指示のある優秀な指導者をスタジオに招待し特別講義も開催。お申し込み・お問い合わせはスタジオまで。

You might likeSee more

Country or region: Japan