みたまの湯

Friends 4,236

温泉総選挙「 絶景部門」3年連続日本一

Mixed media feedSee more

アカウント紹介See more

「みはらしの丘・みたまの湯・のっぷいの館」の温泉相特性 “みはらしの丘温泉”「みたまの湯」は、「フォッサ・マグナ(大地裂帯)」の地下深部の開口割れ目で、悠久の時の流れの中で涵養され、育まれてきた本格的裂罅系天然温泉です。 本温泉は、世界的に貴重な特異地形である「甲府大三角形構造盆地」の東南端、北東―南西走向の曽根断裂温泉帯(1984・田中 収)から湧出した湧出口温度43.6度の高温泉、湧出量毎分247リットル・日量357トン、泉質アルカリ性単純温泉という豊かな大自然の名湯であります。 「フォッサ・マグナ(大地裂帯)」の大景観を、一望できる標高370メートルの丘陵高台に位置し、「みはらしの丘大展望露天風呂」の眺望は絶景であり、南アルプス・八ヶ岳連峰・関東山地の山々の大展望と眼下の“百万ドルの夜景”を一望できる、最高級の温泉地環境を有し、「休養」「保養」「療養」の三養による体調の正常化や自己免疫力の増強等々、最も大切な健康条件を高めてくれる温泉環境に特に秀でている温泉相(スパ・ファシーズ)の天然温泉です。 本温泉は、トライアングルの「大自然コロシアム」の大地高台の貴賓席に位置する温泉であり、副作用の少ないマイルドで良質なアルカリ性単純温泉として、大地の神様「ガイア」が授けてくれた「地球の体液」と呼んで良いような最高級の温泉相です。 この極めて貴重な大地の恵みに感謝し、「みたまの湯」の天然温泉を正しく有効利用することで、より多くの人々が健康で、より豊かな人生を送って戴けたらと願っています。

Country or region: Japan