ヒルトン大阪 ダイニング

Friends 962
ヒルトン大阪 ダイニング
ヒルトン大阪レストランの最新情報

Recent media

アカウント紹介

大阪駅前に大人が集う 新ダイニングプレイス誕生 大阪の中心地・梅田に初の外資系シティホテルとして1986年に開業した「ヒルトン大阪」。オープン以来、国内外の賓客のご利用をいただき、地元の方々との交流を深め、大阪の街に欠かせないランドマーク的存在として進化してきました。 2018年8月3日(金)には4つのレストランが誕生し、2階レストランフロアがバリエーション豊かに生まれ変わります。現代のライフスタイルや食の嗜好の変化に応えつつ、心づくしの料理と細やかなサービス、居心地のよい空間をもってお迎えするレストランを充実させました。 コンセプトは、“#DINEAROUND”。レストラン全体を新しいダイニングプレイスと称し、地域に根づく食へのリスペクト、集って味わう体験の場、巡る楽しさの3つのテーマを各レストランで実現します。バリエーション豊かに、高感度に、アットホームに……使うほどに身近な存在に感じていただける居心地のよい食空間を目指します。 レストランは「川梅(かわうめ)」懐石・鮨、「傳火(てんか)」鉄板焼、「セントラム」グリル&ワイン、「フォルク キッチン」オールデイダイニングの4軒と、昨年オープンした「マイプレイス カフェ&バー」のあわせて5つ。ミシュラン2つ星を8年連続で獲得する高木一雄氏(京料理 たか木)が監修する和食を始め、神戸牛、近江牛などの黒毛和牛を堪能できる鉄板焼、充実のワインセラーが併設されたグリル、地域の食材が豊富に楽しめるビュッフェなどが揃い、ホテルならではのダイニングプレイスとして新しい食カルチャーを発信していきます。 全国のおいしいものが集まる“天下の台所”と言われてきた大阪は、まさに日本屈指の食の宝庫であり、エンターテイメント溢れる食都です。いずれのレストランも大阪やその近郊の地域性を生かしつつ、日々テーブルを取り囲み、食の歓びをもたらす場を提供します。さらに、大阪で培ったユニークでパーソナルな体験もお楽しみいただき、日常はもちろんのこと、誕生日や記念日といった特別な日のためのレストランとしても大いに魅力を発揮いたします。

#DINEAROUND

「川梅(かわうめ)」懐石・鮨

「傳火(てんか)」鉄板焼

「セントラム」グリル&ワイン