アカウント紹介

沖縄県中頭郡西原町 西原の名称は、首里の北(方言でニシ)にある地方ということに由来します。 人口35,250人(平成25年5月末現在) 産業は稲作中心からキビ作、亜熱帯果樹栽培、花卉(かき)栽培へと変化し、昭和40年代以降は、各種産業が進出して商工業も盛んになり、今では県内有数の工業集積率、出荷額を誇っています。 幼児教育から大学教育までの一貫した教育施設に恵まれ、「文教のまち」として日々活況を呈し、発展の一途をたどっています。