• Aカラダの情報を「エビデンス」(科学的根拠)だけに囚われず、「ナラティブ」(心の奥深くからの物語)に耳を傾け、医療従事者として真剣に対話し、そこから煮詰め深めていくことに問題の解決策を見出す。

    西洋医学のエビデンス重視でなく、個人の人生から有意義な医療を組み立てていくことを心掛けています。