アカウント紹介

米屋の創業は明治32年。 米屋はもともと成田山の門前町で米穀を扱う米(こめや)でしたが、創業者 諸岡長蔵が成田山新勝寺の精進料理「栗羹」にヒントを得て、「栗羊羹」を創製し、販売したことが始まりです。 以来、伝統の技術でおつくりする羊羹や和菓子は今も成田山参詣土産として、ご贈答品として、また、毎日の団らんの場で皆さまに愛され続けています。