ラフジュ工房

Friends 5,227

ラフジュ工房LINEアカウント

ラフジュ工房が選ばれる理由とは?

【だから選ばれる!ラフジュ工房だから叶えられるあなたのわがまま】

妥協せざるをえない場合も多いアンティークの家具選び。
ラフジュ工房でならあなたの理想の一点が実現できます!

⇩下記リンクをクリック
https://www.rafuju.jp/user_data/erabareru.php

\ラフジュ工房★6つのこだわり/

お客様へ安心のアンティーク家具をお届けするために、ラフジュ工房で大事にしている6つのこだわりを紹介。

⇩下記リンクをクリック!
https://www.rafuju.jp/user_data/about.php

一生ものの家具に出逢える。See more

古き良き日本の建具【ガラス戸】

古くは平安時代に誕生したという日本の建具、引き戸。 閉めれば個の空間に、開ければ大人数で集まれて空気もしっかりと循環するという、日本の気候・住居・暮らしに合わせて生まれた機能的な建具です。 そんな引き戸の中でも、今回は古き良き日本の建具「ガラス戸」をご紹介します! 日本のアンティークのガラス戸の一番の魅力はなんと言ってもガラスにあります。 アンティークのガラス戸に使われているガラスは、今では作られていない希少なガラスがほとんど。 木枠のデザインもさる事ながらガラス自体のデザイン性も高く、ゆらゆらと表面に氷の様なゆらめきがある「ゆらゆらガラス」やカラフルな「色ガラス」、キラキラと輝く「ダイヤガラス」、雪の結晶の様な「結霜ガラス」など、単体でも美しいノスタルジックなものばかり✨ それらをパッチワークの様に組み合わせたガラス戸は、大正ロマンの雰囲気を演出できるアイテムとして特に人気があります。 ガラスの凹凸や色が光を通したり反射したりして、時間が経つ毎に違う表情を見せてくれて、時が経つのをつい忘れてしまうほどに美しいです。 そんなアンティークのガラス戸ですが「現代の住宅に取り入れるのは難しそう…」と思われる方も多いのではないでしょうか。 事実、和製アンティークの建具は木製ですから、屋外で雨風に晒される場面ではメンテナンスやご使用が難しいものもございます。 そんな機能面がご心配な方は、お部屋の間仕切りとしてお使いになったり、サッシの内側に取り付けて内窓としてのご使用もオススメですよ! アンティークのガラスは、光を通すけれども目隠しをしっかりしてくれるものも多いので、レースカーテンの様な役割にもなってくれます。 そして取り付けの際の心配も御無用です! ・施工業者との打ち合わせを無料で代行いたします! ・建具を取り付ける枠を当店でご用意することもできます! ・全ての建具がリサイズ可能です! アンティークだから挑戦するのは難しそう…とあきらめずに、先ずはラフジュ工房にご相談ください😊

便利!~エクステンションテーブル~

テーブルの広さが足りなくて ひとりひとりの食事スペースが狭くなってしまったり、 別にテーブルを用意して2か所で食事をする なんてこと、あったりしませんか? そこでおすすめしたいのが、 『エクステンションテーブル』です。 エクステンションテーブルは、 天板のサイズを変えられる『伸長式』のテーブルのこと。 使いたい時に人数や用途に合わせて天板を拡張できるので、 普段使いから大人数での楽しい食事まで対応できる、 ダイニングテーブルとして、とっても優秀なアイテムです✨ 家具の中でも特に大きなダイニングテーブルは、 どれを選んだらいいのか悩んでしまう方も多いと思います。 来客を見越してはもちろん、 「大きなテーブルを置いたら狭くなってしまうかも…」 「家族が増えたり子供が成長して買い替えるのは大変…」 と心配されている方にもおすすめですよ😊 素材もデザインも豊富なエクステンションテーブル。 デザイン、エクステンション(伸長式)の 種類についてもご紹介します! 1.A.H McINTOSH ドローリーフタイプ(R-063248) 天板を引き出して伸長する、ドローリーフタイプのお品です。 メイン天板とサブ天板を重ねて収納できる構造なので、 拡張しないときでも補助天板が邪魔にならないところがGOOD! こちらは、マッキントッシュらしいデザインですね! ほっそりとした脚に装飾を控えたミニマルなフォルムが、 洗練されたスタイリッシュなお部屋作りにぴったりです! ※テーブルを伸長する際に気をつけるポイントとして、 1人で作業しようとすると手を挟む危険や、 天板に傷が付いてしまう可能性があるため、 無理せず2人で行ってくださいね。 2.イギリスアンティーク ドローリーフタイプ(R-045218) こちらも同じくドローリーフタイプのお品ですが、 ホワイトペイントや脚の装飾がかわいい印象です シャビーシック、フレンチスタイルにもぴったりです♪ 3.イギリスヴィンテージ バタフライタイプ(R-038241) 羽を広げるように天板を拡張する、バタフライタイプ。 このタイプは、脚まわりが邪魔にならない構造なので、 スッキリとした印象なのも取り入れやすいポイント! 左右の補助天板を折りたたんだ状態にすると、 天板部分がかなりコンパクトになるので、 ディスプレイを楽しむコンソールテーブルとしても使えます! 片側だけ天板を広げて、閉じた側を壁に付けて レイアウトすることも可能なので、 省スペース家具として大活躍☆ しかも、このお品は珍しい特大サイズで 大人数の来客でも安心です! 料理やティーセットを並べてホームパーティーなどを楽しむのも 雰囲気が出て素敵ですね。 4.イギリスアンティーク ゲートレッグタイプ(R-060070) 可動式の脚を引き出すことで、補助天板を支えるタイプのお品です。 天板部分はバタフライテーブルと同じですが、 より特徴的なのが脚部分の構造! 脚(レッグ)部分も折りたたみ式になっていて、 門(ゲート)のように見えることからゲートレッグと呼ばれています。 一般的なテーブルよりも脚の本数が多く、 そのため複雑に見えるシルエットと、 挽き物加工やツイストなどクラシカルな 美しいデザイン性も魅力のひとつですよ。 こちらも特大サイズ! オーク材の落ち着いた色味や 脚部の挽き物加工がクラシカルで上品なお品です。 天板を伸長する方法や仕組みによって、 呼び名が分かれているエクステンションテーブル。 作られた国や、販売している店舗によっても 呼び方が違っている事も多いので、 気になるエクステンションテーブルを見つけた時には 名称だけで判断せずに、伸長の仕方を確認することが ポイントです👓 気になった方は ぜひオンラインショップものぞいてみてくださいね!

Social media

Follow us on social media

You might likeSee more

Country or region: Japan