KABAKs

Friends 54

ブランドデザインオフィス - カバックス

👆LINEとSNSで情報をお届け👇

LINE個別トークもできますので、ぜひお友だち追加してくださいね♡

情報発信しています ▶▶▶See more

facebook page

フェイスブックページではお役立ち情報を載せるようにしています。

note

ブランディングについてのマガジンもはじめました。

「ブランド」とは何か?

── はじまりは、整えることから。▶

お店でも、企業でも、ひとり起業家でも
それは世界にたったひとつの《ブランド》です。

でも、そのブランドの「価値や魅力」に、一番気付いていないのは
実は経営する本人だったりするのです。

●考え方=《思考》
●気持ち、想い《感情》
●これまでの経験や培ってきたモノ、コト《情報》

まずこれらの整理をすることで
「ブランドのあるべき姿(世界観)」や「真の価値」、つまり


── かけがえのない《眠れる宝》が見つかります。▶


見つけたら、磨いて輝かせ、そして増やしていく。

そうすれば、不本意だったり、不愉快だったり
なんとなくしっくりこない……というような不自然なビジネスは
満足できて、安心できて、愉しくて仕方ないものに変わります。


── 必要なのは、きちんとした「デザイン」。▶


ブランドのあるべき姿=世界観や、真の価値を「正しく」伝えるためには

●お店自体も
●自分自身も
●販促や集客に使うものも
●発信する文章に至るまで

ありとあらゆるものが、ブランドを「正しく表現」していなければいけません。

それを叶えるのが《デザインのちから》です。
単に見た目を整えたり、格好良いものにしたりするのが「デザイン」と思われがちですが
そうではないのです。

自分が良いと思うものを、その場その場で「なんとなく良いから」と出していくと
あとあとバラバラなものになり、世界観は崩れてしまいます。

表現=デザインが《らしくない》と、その微妙な違和感は
ブランドに少しずつ傷をつけていきます。

逆を言えば、「正しく、ブランドらしい表現」を細部まで整えていくことで
ブランドは磨かれ、まっすぐ育っていくのです。


── 世界観をつくるために、徹底したデザインを。▶


だから、プロに任せてください。

ただ作るだけでなく
「ブランドのあるべき姿(世界観)」や「真の価値」を理解した上でつくるデザインは
きっと、大きなちからになります。


小さな違和感、小さな悩み、大きな不安、大きな困りごとがあれば
まずは、お気軽にご相談ください。

▶▶
《眠れる宝》を輝かせるために、一緒に。
We’ll help to find your Life’s treasure.
▶▶

\おすすめの本📗/See more

パーパス・ブランディング

ミッションより、まずはパーパス(存在意義、意味)。「なぜ?」を常に意識することで、大切なものが見つかります。

ニューヨークのアートディレクターがいま、日本の

ブランディングを学ぶならまずはコレ!最高の指南書です。優しい語り口も、美しく見やすい図表も、これぞブランディング!と思わされます。

マーケティングプロフェッショナルの視点

マーケターの頭の中を覗ける本。少し難しくはありますが、マーケティングの実務、実情がわかります。

マンガでわかる「7つの習慣」

7つの習慣をわかりやすくまとめた漫画版。ぜひとも読んでほしい!私はこれで人生を救われました(大げさじゃなく!)

世界観をつくる

尊敬する水野学さんと、山口周さんの本です。「世界観」はブランディングで大事にしたいところ!

MBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた

あれこれ読みたいけど、時間が!という方におすすめなのが、この「50冊を1冊にまとめてみた」本。 この中から興味深いのをピックアップして読むと良いかなと思います!

Mixed media feed

You might likeSee more

Country or region: Japan