glamb Tokyo

Friends 13,978

glamb 公式アカウント

アカウント紹介See more

ドメスティックブランド  glamb / Laymee / FLAG STORE In 2003, founded by Kan Furuya.

CollectionSee more

“Let It Flow” Summer 2021

「この秋はどこへ行こう。」「この秋は何をしよう。」 時代の制約の中でそんな無邪気な物思いも かつての自由を失いつつあります。 「この秋もここにいるのだろうか。」 「この秋もこうやって過ごすのだろうか。」 縛られゆく私たちの自由を取り戻すため glambが2021年秋のコレクションで提案するのは 街着のような家着、そして家着のような街着。

“Mellow Yellow” Summer 2021

ぬるんだ炭酸飲料 溶けかかったアイスクリーム 気の抜けたその味わいは 真夏にあってはメロウに変わる 今季、glamb は1960 年代に発表された サイケデリックフォークの名曲を着想に 気だるい原色の世界を表現 黄色い太陽がまたストリートに降り注ぐ 駆け抜けるように遊び惚けた夏もあったけれど この夏は歩くスピードで楽しんでみよう

BRANDALISED

作品発表の度に世界中にニュースと賛否を巻き起こす 覆面アーティスト、バンクシー。 彼の作品を写真化して管理する BRANDALISEDとのコラボレーションにより glambがバンクシー作品をモチーフとした カプセルコレクションを発表

×呪術廻戦

国内外のアニメーションを席巻するTVアニメ『呪術廻戦』とglambがコラボレーションラインを発表 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情に立ち向かうべく 登場人物たちが駆使する呪術 glambはその能力をグラフィックのモチーフとして抽出し ファッション的なメソッドにより再構築 キャラクターとその呪術が 袖を通すことで感じられる 5型のアイテムをリリースする

“Lazy Boy” Spring 2021

「何もしたくない」 口に出せば無気力や怠惰と思われそうな感情だけれど 誰もが人生の中で何度も覚える感情 世の中では勝利や努力が称賛されるけれど 正論やそれによる自己暗示は時に間違った道しるべにもなる 心の中にある“Lazy”を肯定すれば 僕らはもっと自分らしく、そして優しくなれるはず ルーズなシルエットに柔らかな素材、 ラフなタッチのアートワーク、 そして多用されるフェイクレイヤード それらはすべて僕らの“Lazy”を肯定するために

“Timeless” Winter 2020

時代の当たり前も 社会で目指す生き方も この世界では移り変わっていく。 タイムレスであること それは慣れ親しんだウイスキーのようなもの。 自分の居場所を見失ったとき ふと昔から親しんだ酒を口にふくむ。 孤独の味も 馬鹿騒ぎの味も 失敗の味も 幸せの味も その一杯にすべて含まれている。 今季、glambが目指すのはタイムレスな洋服の姿。 ワードローブのバックボーンにあるのは ストリートの服飾史や音楽、映画といった 僕らが共に育ってきたカルチャー。 どんな時代や状況にあっても この服に袖を通せば 自分の居場所に連れ戻してくれる あなたのバディとなる洋服を追い求めました。

Country or region: Unspecified