ひまわり接骨院

今日は【【脊椎固定術】転帰不良の予測因子は心理・社会・経済的因子】について ■脊椎固定術を受けた労災患者185名を対象とした後ろ向きコホート研究によると、 ・41%がQOLに変化がないか悪化した。 ・再手術率は24%、 ・長期活動障害率は25%、 ・癒合率は74%。 転帰不良の予測因子は心理・社会・経済的因子。 ✨LINEお友達登録で✨ 🎁『たった5分で9割の腰痛改善!セルフ...

0 likes0 commentsLINE VOOM