フルーツ大福 弁才天 円山裏参道店

Friends 1,260

こだわりのフルーツ大福 弁才天

弁才天についてSee more

フルーツの可能性に挑む。

弁才天のフルーツ大福は、和菓子としての完成度はもちろんのこと、とりわけ果物の魅力を追求するために考案されました。 もぎたてより、剥きたてより、切りたてより、さらに美味しくなるように。私たちにとってのフルーツ大福とは、いわば果物が持つ可能性への挑戦なのです。

最旬の果実を、 最高の状態でお出しする。

私たちの理想のフルーツ大福とは、主役である果物そのものが美味しいことが大前提。旬のもので、形ぶりがよく、適度に熟していること。 そんな果物を安定供給するために、私たちは市場の買参権を取得し、毎朝市場で仕入れを行っています。 自分たちの目と手で確かめた、間違いのない果物だけが、弁才天のフルーツ大福になるのです。

甘くないから、 中身が引き立つ。

弁才天の求肥には、高級羽二重粉を100%使用。保存料は一切使っていません。 口当たりの柔らかさを保つギリギリまで砂糖を抑え、お米本来が持つ、素朴な後味で仕上げました。 主張しない皮にこだわったからこそ、食べた瞬間にフルーツの甘みと瑞々しさが口の中いっぱいに広がるのです。

引き算の美学を究めた、 名脇役。

和菓子の世界では主役とも言える餡ですが、フルーツ大福では引き立て役に徹します。 白豆の風味は残しつつも僅かに感じる程度に留め、砂糖も最小限に。 いい意味で色のない白餡こそが、弁才天が目指した白餡です。 決して目立たず、しかし役目はきっちりと。 まさに名脇役とも言える餡に仕上げました。

これぞ、弁才天の断面美

弁才天の顔とも言える餅切り糸。 その正体は、細く十分な強度を備えた凧糸です。 数多ある規格の中から、誰の指にも持ちやすく、切った際にひっつきにくい、最適な凧糸を選定。 家庭用の包丁では潰れがちな断面も、最小限の力で、鮮やかに切ることができます。 宝石のような美しい果物の断面も、私たち自慢の一品。

Mixed media feed

Reward card

You might likeSee more

Country or region: Japan