IAC MUSIC JAPAN

Friends 450

最新情報、お得な情報をお届けします!

Mixed media feedSee more

Social media

Follow us on social media

商品一覧See more

¥4,500クワイエット・サン - メインストリーム(SACDハイブリッ

ロキシー・ミュージックのギタリスト、フィル・マンザネラはバンド参加以前にカンタベリー・ロックをベースとしたクワイエット・サンというバンドを率いて活動する。その後、1975年に初ソロ・アルバム『Diamond Head - ダイアモンド・ヘッド』の制作にクワイエット・サンのメンバーを招聘、このアルバムと並行してクワイエット・サンのアルバムも制作する。そして初ソロ・アルバムと同時にリリースされるのがこの『Mainstream - メインストリーム』である。 ゲストにブライアン・イーノとビル・マコーミック(ex.マッチング・モウル)を迎えて2日間約12時間で制作されたこのアルバムは、キング・クリムゾンを彷彿させるアグレッシヴなロック・サウンドとカンタベリー系の繊細でテクニカルなジャズ・ロック・サウンドが融合しており、アルバム全編でテンションの高いパフォーマンスを聴かせる。 今回、2010年のリマスター素材を使用し、世界初のハイブリッドSACDとして独占リリース! <輸入盤国内仕様・日本語解説付  E式シングル紙ジャケット> *Track8-11はCD層のみ

¥4,500801 - ライヴ(SACDハイブリッド/紙ジャケット仕様)

ロキシー・ミュージックのフィル・マンザネラとブライアン・イーノによって結成された801。カーヴド・エアのフランシス・モンクマンやマッチング・モウルのビル・マコーミック、若手実力派ドラマーとして頭角を現わしてきたサイモン・フィリップスといったブリティッシュ・ロック・シーンの強者達をメンバーに迎えた1976年に結成されたスーパーバンドである。 ライヴ性を意識したバンドであるだけにスタジオ作品は制作せず、僅か3回のライヴのみでバンドは解散する(後に1977年に異なるメンバーで再結成)。その3回のライヴの最終日であるロンドンのクイーン・エリザベス・ホールでのコンサートはライヴ・レコーディングされ、このバンドの唯一の記録としてリリースされる。 フィル・マンザネラとブライアン・イーノの楽曲を中心にザ・ビートルズやザ・キンクスなどのカヴァー・ナンバーも大胆なアレンジで披露したセット・リストの全曲を完全収録。 今回、2010年のリマスター素材を使用し、世界初のハイブリッドSACDとして独占リリース! <輸入盤国内仕様・日本語解説付  E式シングル紙ジャケット>

¥7,821イット・バイツ ライヴ・イン・ロンドン1986−1990

*バンド・ロゴマーク・ステッカー付 3枚のアルバム・リリース時にロンドンで行われた3つのコンサートの模様を完全収録!今回のリリースにあたり1989年の初来日公演の東京公演初日のコンサートを完全収録したボーナス・ディスクが収納されている!

¥4,550スクアケット/クリス・スクワイア&スティーヴ・ハケット 創造

イエスの結成以来、プログレッシヴ・ロックの雄として邁進し続けるエナジー的存在であった故クリス・スクワイア。そしてジェネシスがプログレッシヴ・ロックのトップ・バンドとして位置する為のサウンドのコア的存在であったスティーヴ・ハケット。この2人が奇跡とも云えるサウンド・ユニット<スクアケット>を結成し唯一となるコラボレーション・アルバム『A Life Within A Day - 創造と変革〜ア・ライフ・ウィズイン・ア・デイ』を2012年に創り上げる。 イエスとジェネシスというプログレッシヴ・ロック・シーンを代表するバンドの中心的メンバーの二人はスティーヴ・ハケットのアルバム制作にクリス・スクワイアがゲスト参加したことを機に親交を深め、二人の新たなるユニットによるコラボレーション・アルバムの制作へと向かう。プロデューサーはスティーヴ・ハケットの右腕的存在のロジャー・キング(kbds)が担当、ハケットのアルバムやツアーに参加しているジェレミー・ステーシー(ds)やアマンダ・レーマン(vo)が加わったアルバムは、プログレッシヴ・ロックの王道を歩む素晴らしい仕上がりとなっている。 今回の国内リリースに伴い、オリジナルマスターから新たに作成した5.1マルチ・チャンネル高品質SACDハイブリッド音源として初めてリリースされる。 クリス・スクワイアの急逝から一枚のみで終わったこのサウンド・ユニットによる本作は、正に奇跡の作品だ!

¥3,422タイ・フォン 七海神龍伝

フレンチ・プログレッシヴ・ロックの雄、タイフォンが7年ぶりの新作『七海神龍伝 - ドラゴンズ・オブ・ザ・セヴンス・シーズ』と共にシーンに還ってくる...

¥10,140イエス - トーク 30周年記念スペシャル・ボックス(4CD

活動歴が半世紀を超え、幾度もの解散・再結成・活動中止・メンバー・チェンジなどの紆余曲折を経ながらも今なおプログレッシヴ・ロック・シーンのトップ・バンドとして君臨するイエス。彼らのアルバム『Talk - トーク』リリース30周年を記念したスペシャル・ボックスがリリース! 1983年にリリースしたアルバム『90125 - ロンリー・ハート』の世界的なヒットにより劇的な復活を遂げたイエス。そのメンバーで制作されたアルバム『Talk - トーク』は1994年にリリースされる。ジョン・アンダーソンの意思を反映させ、トレヴァー・ラビンが中心となって制作されたアルバムは前2作の延長線上のサウンド・スタイルな内容で、久々に3部構成の大作である‘Endless Dream - エンドレス・ドリーム'が収録されている。更にバンド・ロゴはロジャー・ディーンではなく、ピーター・マックス制作のロゴが使用される。 4CDボックスでのリリースに際し、オリジナル・マスターからリマスタリングが施される。さらに1994年の北米ツアーのニューヨーク公演を2枚のCDに完全収録。そしてジョン・アンダーソンとトレヴァー・ラビンのインタビューを中心としたブックレットが付属される。 今回の輸入国内盤仕様でのリリースに際し、特別特典として『Talk - トーク』のE式紙ジャケットとブックレットの完全翻訳ブックレットが付属される。 リリース当時は賛否両論を巻き起こした問題作であったが、このスペシャル・ボックスによって再評価されるであろう。

商品一覧See more

¥5,110UFO - 聖約、シャークス&ライヴ‘95(3CD)

1970年にデビューしたUFOは‘C'mon Everybody - カモン・エヴリバデイ’のヒットにより新進ロック・バンドとして注目されるがその後低迷する。しかし、1973年に新ギタリストとして元スコーピオンズのマイケル・シェンカーを迎い入れ制作したアルバム『Phenomenon - 現象』は、マイケル・シェンカーのギター・プレイとコンポーザー能力が高い評価を受けバンドは飛躍を遂げ、1970年代のブリティッシュ・ハード・ロック・シーンで活躍する。2019年には結成50周年を迎えるがクラシック・メンバーが相次いで死去し、最近では中心メンバーのフィル・モグが心臓発作で倒れバンドの動向が心配される。そんなUFOが2000年代に入ってリリースした2枚のスタジオ作品と未発表ライヴ・アルバムで構成されたボックス・セットが登場! 2000年、マイケル・シェンカーは3度目となるUFOへの復帰を決める。そしてフィル・モグ、ピート・ウェイ、マイケル・シェンカーの3人に元ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション〜ジャーニー〜ホワイトスネイクのドラマー、エインズレー・ダンバーが加入し活動をスタートさせる。そして2000年に『Covenant - 聖約』、そして2002年に『Sharks - シャークス』をリリースする。しかし、アルバム・リリース後にまたもマイケル・シェンカーは脱退する...。 本作は、この2枚のアルバムに、1995年にマイケル・シェンカーが2度目の復帰となった『Walk On Water - ウォーク・オン・ウォーター』リリース後のUSツアーの中で同年9月15日ニューヨーク州バッファローで行ったコンサートのライヴ・アルバムを含めたボックス・セットである。 輸入国内仕様盤のみブックレットの完全日本語翻訳が付属される。

¥4,207フランシス・ダナリー - 紫の城壁の詩〜希望、深淵、そして新

テクニカルな演奏力と独自のポップ・センスで80年代のプログレッシヴ・ロック・シーンで高い評価を得たイット・バイツ。そのフロント・マンでありギタリストのフランシス・ダナリーは1990年にバンド脱退、以後SSWとしてソロ活動を展開する。2016年にはイット・バイツ時代の楽曲をセルフ・カヴァーしたアルバム『Vampires』をリリース、そして27年振りの来日公演を行い、アーティストとしての健在ぶりを見せる。そんなフランシス・ダナリーが5年振りとなるニュー・アルバムをリリースする。コロナ禍でホーム・スタジオでのレコーディングを行い、〈希望〉〈深淵〉そして〈新世界〉という3つのコンセプトの3枚のアルバムで構成された大作である。フランシス・ダナリーならではの独特なメロディー・センスが全編で発揮され、アコースティック・ギターをメインに歌い上げると同時にフランシス・ダナリーならではのエレクトリック・ギター・ソロとイット・バイツを想わせるキーボード・サウンド、そしてリリカルな歌詞が包み込む作品で構成されており、改めてSSWとしての彼の才能を再認識させる作品である。ちなみにアルバム・タイトルとなった〈The Big Purple Castle〉はペンシルベニア州フィラデルフィアにある自宅のホーム・スタジオの名称である。

¥3,500ビートルズ Tシャツ Lサイズ

当ストア限定商品! デザイン/Tsurumoto Roomの承諾を得て、『ビートルズ 東京』Tシャツを数量限定販売! Tシャツの厚みは、 5.6オンス!程よい厚みとなっています。 デザイン/Tsurumoto Roomによる『Beatle 東京』の表紙の缶デザインを使用したTシャツはこれまでに発売されておらず、今回初めて商品化となりました。

¥6,390ブライアン・フェリー - マムーナ/ホロスコープ

1987年、ブライアン・フェリーはヴァージン・レコードに移籍し『Bete Noire - ベイト・ノワール』をリリース、ソロとしては初のワールド・ツアーを行う。そしてツアー終了と同時に新作の制作に取り掛かる。『Horoscope - ホロスコープ』と題された新作は1990年にその大半を完成させながらもアルバムの仕上がりに納得出来なかったブライアン・フェリーはお蔵入りとし、カヴァー・ソング・アルバム『Taxi - タクシー』を1993年にリリースする。 しかし翌1994年に共同プロデューサーとして元プロコル・ハルムのロビン・トロワーを迎えて制作しリリースする『Mamouna - マムーナ』には『Horoscope - ホロスコープ』収録楽曲を4曲再録して収録する。ロキシー・ミュージックを脱退して以来、ブライアン・フェリーと距離を置いていたブライアン・イーノの参加も話題となり、アルバムは全英アルバム・チャートNo.11にランク・インするヒットを記録する。 今回、『Mamouna - マムーナ』を新たにリマスタリングしたヴァージョン(CD1)に幻のアルバム『Horoscope - ホロスコープ』(CD2)、そして『Mamouna - マムーナ』のインストゥルメンタルや別ミックスを収録した『Sketches - スケッチーズ』(CD3)で構成されたスペシャル・ボックス・セットがリリース。 ブライアン・フェリーの活動歴の中でミッシング・ピースを埋める貴重な作品の登場だ!!

You might likeSee more

Country or region: Japan