不妊治療情報センターfunin.info

自由診療では50 万円かかっていた体外受精も保険診療では15 万円で受けられることも。 大望の保険診療が始まり、これまでためらっていたカップルも受診しやすくなってきています。 しかし、嬉しいことばかりではありません。 年齢制限や回数制限、保険適用外の治療や薬剤など、治療の選択には注意も必要です。 これまでの不妊治療と何が違うの? どこが違うの? どう受ければいいの? がわかる1冊をお届けします...

0 likes0 commentsLINE VOOM