株式会社山本清掃

Friends 1,000

京都市・宇治市の不用品回収なら山本清掃

サービス一覧See more

不用品回収

タンス1点の少量の不用品回収から、引っ越しに伴って発生した大型家具や家電などの大量の不用品回収まで全て山本清掃へお任せください。山本清掃は、京都市・宇治市の一般廃棄物処理業の許可業者なので、市のルールに従い、不用品を適正に回収・処分させていただきます。また、古物商許可も取得しているので、不用品回収を安くてお得に回収・処分することが可能ですので、なるべく不用品回収を安く済ませたいという方にもピッタリなサービスです。 当社は、京都市で創業し、75年を迎える老舗企業で個人・法人含めて京都でトップクラスの作業実績と経験をもった企業ですので、安心してご依頼ください。不用品回収専門スタッフが常駐していますので、不用品回収のお困りごとを迅速・丁寧に解決させていただきます。

引越しに伴う不用品回収

山本清掃では、引越しの際に出た大量の不用品や粗大ゴミの回収も承っております。荷造りや引越しの手続きなど忙しいなかで、不用品回収や粗大ゴミ処分をご自身で行うことはとても労力がかかります。 引越しに伴う不用品回収の事前分別は、京都市・宇治市のルールに従って、経験豊富な不用品回収専門スタッフが適切に行いますので、お客様に事前準備していただく必要はございません。京都市・宇治市の急な引越しで、不用品を片付けるまでの時間がないという場合でも、山本清掃にお任せください。

粗大ゴミの回収・処分

山本清掃では、京都市で粗大ゴミの回収・処分を承っております。回収品目は、本棚・婚礼タンス・勉強机・マットレス等、なかなかご自身で運び出すのが大変なものでも、山本清掃にお任せください。タンス1点から、大量の粗大ゴミ処分まで、お客様の要望に合わせてお悩みを解決いたします。粗大ゴミは、自治体によっては戸別回収が可能ですが、自治体に申請して処分するのは何かと面倒です。山本清掃であれば、電話、メール、LINEでお問い合わせいただければ、電話1本で簡単にご依頼いただけます。もちろん粗大ゴミ回収・処分の相談や見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

家具の回収・処分

山本清掃では、家具の素材やサイズ、個数を問わず、不要になった家具の回収・処分のサービスを行っております。引越しや大掃除などで不要となった家具は、自治体に回収してもらうためにいくつかの手続きを踏む必要がありますし、指定された場所に家具を運ぶ必要があります。山本清掃の家具の回収・処分サービスではスタッフが搬出作業から全て代行しますので、家具を移動させたり、家具を解体をして集積したりするような事前準備は一切不要です。買い替えや引越しで処分する際に、ぜひご相談ください。不要になった家具の処分にお悩みの方は、山本清掃へご相談ください。

家電の回収・処分

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの家電製品は「家電リサイクル対象品」に分類され、自治体では回収をおこなっていません。家電リサイクル対象品は不用品回収業者や家電量販店経由で指定引取場所へ運ばれ、その後にメーカーへ渡り再資源化されます。山本清掃は、京都市から家電リサイクル対象品の収集運搬の許認可を得ている許可業者ですので、安心してご依頼いただけます。京都市内で家電リサイクル対象品の処分にお困りの際は、山本清掃へご相談ください。

ゴミ屋敷清掃

ゴミ屋敷を放置しておくと、害虫がわいてしまったり、悪臭が発生してしまったりと、状況がますます悪化してしまいますが、一人で清掃していくことは大変です。 山本清掃では、ゴミ屋敷になってしまった実家やアパートにお住まいのお客様が快適に生活できるように、ゴミ屋敷の清掃や不用品の回収や買取なども行います。ゴミ屋敷とまではいかなくとも、汚部屋となってしまったお部屋の掃除も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

FAQSee more

  • A現金・各種キャッシュレス決済(VISA・JCB・マスターカード・アメリカンエキスプレス・ダイナーズクラブ・DISCOVER・UnionPay)、QR決済(d払い・Pay Pay・LINE Pay・au PAY・ALIPAY・WeChat)に対応しております。また、不用品回収でTポイントも貯まりますので、お得にご利用いただけます。

  • Aはい、無料で不用品回収の現地見積りにお伺いしております。山本清掃は、京都市・宇治市の一般廃棄物処理業の許可を取得しておりますので、不用品回収の回収場所が京都市・宇治市であれば対応可能です。もちろん、不用品回収・引越しに伴う不用品回収などの各種サービスともに下見無料なので、安心してご利用ください。

  • A家電リサイクル法とは平成13年4月に施行された、対象の家電を適切にリサイクルすることを目的とした法律です。家電リサイクル法の対象品目は、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4種類で、不用品として家電リサイクル対象品を処分をさせていただく場合は、家電リサイクル料金が発生いたします。

Health & safety

  • Staff must wear face masks
  • Staff must regularly use sanitizer, wash hands, and gargle mouthwash

You might likeSee more

Country or region: Japan