YMDミュージック

Friends 273

公式LINEアカウント開設しました!

Mixed media feedSee more

商品リスト

人生のメリーゴーランド[サクソフォーン4重奏]

《人生のメリーゴーランド》は2004年に公開されたスタジオジブリ制作、宮崎駿監督の長編アニメーション映画『ハウルの動く城』で使われた楽曲である。  それぞれの場面のテンポ感を大切に演奏をして頂ければと思います。また、ワルツのノリを大切に演奏してください。

喜びの島[木管5重奏]

《喜びの島(仏: L'Isle joyeuse)》は、ドビュッシーの代表的なピアノ曲であり、代表的な管弦楽曲である《海》の作曲期間中に作曲されている。調性はイ長調、教会旋法の1つであるリディア旋法で書かれている。《ベルガマスク組曲》の作曲期間中に作曲された作品でもあり、当初は《ベルガマスク組曲》の1曲になる予定であったが、出版社の都合上、一つの独立した楽曲として出版された。  ドビュッシーは、若い頃から美術にも興味関心を寄せていた。自宅には友人美術家の作品を飾っていた。この曲は、ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの作品「シテール島への巡礼」の影響を受けている。愛の女神ヴィーナスの出生地であると考えられていたことから、シテール島は女神と愛の聖地となった。1904年頃、ドビュッシーは不倫の真っ只中であり、夏にはジャージー島に旅行に行っている。「シテール島の巡礼」と重なり合うものがある。  イタリアの指揮者ベルナルディーノ・モリナーリによる管弦楽版も存在する。冒頭のフルートソロが印象的である。ドビュッシー自身の指示に基づいて編曲されており、作曲者の意図が反映されている。  この木管5重奏は、原曲のピアノ版同様に高い演奏能力が各演奏者に要求される編曲となっている。

死の舞踏[フルート4重奏]

《死の舞踏(仏: Danse macabre)》は、フランスの作曲家であり、ピアニスト・オルガニストでもあるカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)によって作曲された作品である。サン=サーンスは、生涯に4つの交響詩を作曲しており、その中で最も有名な作品であると言える。この作品は元々、1872年にピアノ伴奏の歌曲として作曲され、1874年に管弦楽曲が作られた。  フランスの詩人アンリ・カザリスの奇怪な詩に基づく、夜の墓場で踊る骸骨の不気味な光景を描いた作品である。曲の構成は、ト短調、4分の3拍子、ムヴマン・モデレ・ドゥ・ヴァルス(穏やかなワルツのテンポで)。物語の順番に沿っている。独奏ヴァイオリンがAとE♭の不協和音で死神らしい雰囲気を表している。骸骨が踊るワルツとして、グレゴリアン・チャントの《ディエス・イレ(怒りの日)》の旋律がほのめかされている。 曲中で骸骨の骨のぶつかる音を表現するシロフォンの旋律は、後年の作品《動物の謝肉祭》第12曲〈化石〉でも使われている。  このフルート4重奏編曲版は、フルート4重奏独特の音響になるように再構築することを目指している。

Social media

Follow us on social media

You might likeSee more

Country or region: Japan