ボタニック・ラボラトリー

1990年アメリカの国立がん研究所が中心となった「デザイナーフーズプロジェクト」。がん予防に重要度の高い食品成分が調査され、食品ピラミッドが示されました。 そのトップにあった食品の一つが、「にんにく」。 にんにくは免疫増強、抗酸化、風邪予防、がん予防、高血圧予防、血行促進などの効果があり、がんの栄養療法で有名なゲルソン療法でもがん治療として大量の(本当に大量の!)にんにくを使っています。 ...

12 likes2 commentsLINE VOOM