ブロンズ新社

#ブロンズ新社の平和をかんがえる絵本 本日ご紹介するのは、台湾の国民的絵本作家 ジミー・リャオ 作『おなじ月をみて』(天野健太郎 訳)です。 少年ハンハンは、窓の外を見てずっと誰かをまっている。 そこへ、けがをしたライオン、ゾウ、ツルがやってきて...... 少年がまちわびているのは誰? 『おなじ月をみて』は、ジミー・リャオさんが作家生活20年を記念して描き下ろした、自身でも傑作と呼ぶ一...

4 likes0 commentsLINE VOOM