インプラント臨床歴 30年
埋入本数 6,200本以上のベテランDr.

今、目の前にいる患者様が自分にとって大切な人だったら…。私たちはいつも、そんな思いですべての患者様に対して治療にあたっています。

▼プロフィール
歯学博士
厚生労働省認定 歯科臨床研修指導医
労働衛生コンサルタント
介護支援専門員
日本口腔インプラント学会会員
ハーモニー・リンガルCAD/CAMシステムコース修了
アソアライナーコース修了
Nobel Biocareインプラントコース
Mytis Arrowインプラントコース
BioHorizonsインプラントコース
筒井塾咬合療法コース

▼略歴
1977年  岐阜歯科大学卒業
京都大学口腔外科研修員
岐阜歯科大小児歯科学講座研究生
朝日大学歯学部非常勤講師として勤務

2012年 クリア歯科 神戸院 着任

2012年6月 クリア歯科 なんば院 院長就任

院長からのメッセージ

医療現場においては、治療のトラブルやホスピタリティに欠ける対応へのクレームなどに関する話をしばしば耳にすることがあります。しかし、もし目の前の患者様が自分の親だったら、子供だったら、妻やガールフレンド、ボーイフレンドだったら、親友だったら……いい加減な治療やずさんな対応をするでしょうか? 結局は、歯科医師やスタッフの心持ちや意識次第。一人ひとりの患者様に対して誠実・丁寧に接していれば、それが必然的に「誠実な治療」さらには「真の治療」へとつながると私は思っています。

「患者様の笑顔を取り戻すため」にすべての治療を行うべきだ、というのが当院・当グループの考え方です。その姿勢を貫き、常に最善の結果を追求することで、患者様にはいつまでも楽しく、いつまでも快適に過ごしていただきたいと考えています。患者様のよりよい生活を支えることはすなわち、患者様の「生活の質(QOL=quality of life)」を高めることでもあります。ただ「痛いところを治す」のではなく、歯科治療によってすべての患者様の「質の高い生活」を支えることができたら、歯科医療従事者として、これほどうれしいことはありません。