LIVERAL

Friends 311

■Brand storymore

-story-
「この技術でカバンって作れる?」
ブランド発足のきっかけはアパレルブランド様からの一声で始まりました。愛知県長久手市の小さな自社縫製工場が技術力を案内するために誕生したファクトリーブランドです。もともと工場では車両用シートや管楽器ケースに加え、病院や空港など多くの公共機関で使用されているソファーカバーの縫製をしており、身近に存在する製品を現在に至るまで生産しています。その縫製方法や技術は工業製品を生み出すだけではなく、現在ではパリコレクション常連の日本を代表する国産ファッションブランドの製品も手掛けております。そのLIVERALから2018年『KURO DE ASOBE』をテーマに販売商品としてLR by LIVERALを発表。展示会を皮切りに本格的にブランド展開をスタートいたしました。

■LR by LIVERALmore

”黒”を追求したLR。
どことなく、見たことあるような、でも埋もれず目を惹く。黒なのに他にない個性を感じてしまうもの。同じ黒でも、素材で表情を大きく変えます。生地の違いを光と影で楽しんでいただき、ライフスタイルやその日のコーデに合わせて生地の変化を楽しんでいただけたらと願っております。

■Super water repellent
暴風雨も凌ぐオリジナルファブリック。
強撥水防水素材。
■Nylon 840denier
経年変化もしにくいオリジナルファブリック
ハリがあるがごわつかない。ユーティリティープレイヤー
■Paraffin Canvas
帆布生地を蝋(ロウ)引きし、撥水効果を施した加工生地
■Hard mesh
高強度・経年良化
透け感の少ないメッシュ生地

■Popular products

L1100 EGG PACK 【M】

シンプルで大容量。日本人の為のバッグパックを作りました。フィットするショルダーベルト。肩にかけながらも、財布やドリンクが取りやすく作られたサイドのシークレットポケット。中にはノートパソコンが収納可能。街中での使いやすさを追求したモデル。 H 50cm × W 24cm × D 15cm

L2005 Niji 【S】

左利きの美容師さんが、「ベルトを自由にできるバッグが欲しい」という言葉から、日本の風呂敷をアレンジし、左利きも右利きも使いやすいユニバーサルデザインに仕上げました。ショルダーバッグとして、トートとして。または畳んでエコバック、デイリーバッグとして。とても幅広く活躍できるモデル。 ユーザー様の声から生まれた、小さなサイジングのバッグです。 H 43cm × W 35cm

L4008 Enjyu 2

巾着型ショルダーバッグでこれ以上使いやすいものは 今後、世に出てこないのではないかと思うほど使いやすいアイテムです。 ショルダーバッグで使用の際、巾着なのに片手で開けることが可能。 旅行に、お出かけに。外のポケットはジップ式に変更されより使いやすくなっております。 H 28cm × W 20cm × D 7cm

Mixed media feedmore

Social media

Follow us on social media

FAQmore

  • A直営店舗はウェブストアのみとなっております。
    お取扱店様は全国にございます。
    下記サイトに記載しております。ご覧ください。
    https://liveral.buyshop.jp/blog/2021/02/24/160345

  • A素材は1つのカタチで数種類ご用意しております。
    ご自身のスタイルTPOでお選びいただきたいと思っております。
    参考までに特集ページをご覧ください。
    https://liveral.buyshop.jp/blog/2021/11/12/131837

  • A修理は基本的には可能です。
    有償、無償に限らず、まずはご相談いただいております。
    下記サイトのページよりご質問ください!
    専任のスタッフが対応いたします。
    https://thebase.in/inquiry/liveral-buyshop-jp

You might likemore

Country or region: Japan