LIDGEHAUS

Friends 95

幸せは、いつも 何気ない日常にある。

Social media

Follow us on social media

LINE UP

design casa

ー建築家とつくる家- 家族のかたちや暮らし方はそれぞれ違う。だから、家だってひとつひとつ違っていていいはず。 一生に一度の大きな買い物であれば、デザインやディティールにもこだわりたい。 そんな家族の夢や希望を「家」というかたちにしていくのが建築家の仕事です。 その声を聞き、家族のライフスタイルを尊重した、家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。

Couleur

スタイルで選ぶ定額制の家 【Couleur】とはフランス語で「色スタイル」という意味を持っています。 お気に入りの服に身を包み出かける今日はなんだか幸せで、心も踊るよう。 そんな自分らしさを表現できるようなお家があるのなら、きっと毎日が楽しく心豊かになるはず。 そんな想いをカタチにするために「暮らし」に合わせて、「センス」に合わせて、選べる4つの色スタイルをご用意しました。 自分らしい暮らしを「Couleur-クルール-」で実現しませんか? Couleurの家は、ワンランク上の素材を使い デザイン性高い家をお手頃価格で提供します。 それぞれの生活に合った、 内装・外装スタイルで選び、間取りは自由!

casa piatto

永年満足の平屋 いつもいつまでも居心地のいい住まい 永年満足の平屋をあなたに。 平屋である、というだけでは、この居心地は生まれなかったと思う。 ひとりでも、ふたりでも、家族でも、ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。 そんな家づくりをかなえるために、全てに「意味のある」デザインを採用しています。

casa amare

日本の美しい家 伝統美と最新技術から生まれた 愛すべき日本の家 日本の風土や文化は長い年月をかけて、美しく、機能性に富んだ「住まい」のかたちをつくり上げてきました。 いま、日本の家々はめまぐるしく姿を変え、多様化の道をたどっています。わたしたち日本人が心から愛することのできる家とはどんな家なのか。それを追求し、たどり着いた答えがcasa amareです。 改めて見直してみると、日本の家には時を経るごとに風合いを増す木の柱や床、光をやさしく取り込む明かり障子など、美しいものばかりがありました。そしてそれら「美しい」ものは、テクノロジーの進んだ現代においても十分に生かすことのできる実用性をもっています。 この伝統美と智恵ある技術に、現代の機能性を融合させる。それがわたしたち、いまを生きる日本人にとってもっとも心地よく、暮らしやすい家なのではないか。 「新しい日本の家」を確立するための長い努力は、casa amareとして、こうしてここに実ったのです。

casa basso

コンセプトはいつまでも長く住み継がれる家 現代の住宅の寿命は30年以上と長く、その年月の中でまわりの環境や家族構成、生活スタイルも少しずつ変化します。 それでもなお、住まう人にとって新鮮さを失わない家、愛着を持って住み続けてもらえることをめざした家が、このcasa bassoです。

You might likeSee more

Country or region: Unspecified