中冨記念くすり博物館

Friends 872

ここにくれば人と「くすり」の歩みがわかるmore

佐賀県鳥栖市田代から基山町にわたる一帯は、慶長4(1599)年に対馬藩田代領となり江戸時代中期に「田代売薬」が起こったところです。 それ以後の「田代売薬」の発展は、この地区に社会面及び経済面で大きな蓄積を残し、今日では製薬業は佐賀県の産業の一翼を担うまでに成長しました。 しかし、近代化の流れの中で、くすりの製造・販売に関わってきた伝統的な道具、文書類などはそのほとんどが散逸し、歴史のかなたに消え去ろうとしています。 これを惜しみ、先達の活躍に思いをいたすとともに「くすり」の文化遺産を通してくすりに関する産業文化を後世の人々に伝え、これからのくすりと健康について考える生涯学習の場として役立つことを願い久光製薬(株)の創業145周年の記念事業として当博物館を設立しました。 館内所蔵の資料は多くの方々のご提供によるものです。 ※1995年3月28日開館。2010年より公益財団法人として運営しています。

profileImg
中冨記念くすり博物館
Mon Closed