ランボルギーニ芝

Friends 2,237

3/25よりランボルギーニ芝となります。

最新モデル 試乗/オーダー受付中

Huracán EVO RWD 試乗・オーダー受付中

ピュアなドライビング・エクスぺイエンスをご提供する、Huracán EVO RWD の試乗・オーダー受け付けております。 ぜひお問い合わせください。

Huracán EVO 試乗・オーダー受付中

歴代カタログモデルトップのパフォーマンスとなる、Huracán EVO Spyder の試乗・オーダー受け付けております。 ぜひお問い合わせください。

Urus 試乗・オーダー受付中

世界初のSuper Sports Utility Vehicle (SSUV)、Urus の試乗・オーダー受け付けております。 ぜひお問い合わせください。

MODEL LINE UPSee more

¥41,500,000Huracán STO

レーシングマシンのノウハウを凝縮 ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラコルセの高い技術力とノウハウを用いて開発したロードモデルがウラカンSTOです。合法的に公道走行が可能なモデルとしては、レーシングカーに最も近い特別な存在といえます。 車名のSTOとは「Super Trofeo Omologata」の頭文字をとったもので、公道走行が可能なスーパートロフェオを意味しています。ランボルギーニがグローバルに展開しているワンメイクレース「スーパートロフェオ」で使用される車両、ウラカン スーパートロフェオEVOや、デイトナ24時間レースで3度優勝し、セブリング12時間レースで2度の優勝を飾ったレーシングモデル、ウラカンGT3 EVOの開発技術をベース設計。コンマ数秒を競い合うサーキットで培われたスクアドラコルセの最先端テクノロジーや実践経験で得られたノウハウが凝縮されています。

¥29,193,599Huracán EVO RWD Spyder

オープンエアとミッドシップ後輪駆動の組み合わせ 2020年5月7日(現地時間)、ウラカンEVOシリーズに新しいラインナップが登場しました。2020年1月4日(同)に発表されたウラカンEVO RWDのオープンモデル、ウラカンEVO RWDスパイダーです。 ウラカンEVO RWDがクーペモデルであるのに対して、ウラカンEVO RWDスパイダーは軽量なソフトトップを採用しました。ルーフを閉じた場合は、伝統的なイタリアンミッドシップカーのフォルムともいえるトンネルバックスタイルを継承。クーペモデルと同等の快適性をもたらします。 ソフトトップのルーフはわずか17秒以内で収納でき、50km/h以内であれば走行中でも開閉操作が可能になっています。ソフトトップを開けたスタイリングは、スポーティさとエレガントさを融合させた唯一無二のもの。フロントリアのデザインはウラカンEVO RWD(クーペモデル)を踏襲し、4WDのウラカンEVOスパイダーとは明確に差異化が図られています。 ウラカンEVOで定評あるアルミニウムとカーボンファイバーからなる軽量なハイブリッドシャシーを用い、同時にフロントの駆動システムを取り除いたことで乾燥重量は1509kgとオープンモデルとしては驚異的なウェイトに仕上げられています。これに、ウラカン EVO RWDと同様となる最高出力610ps(449kW)/8000rpm、最大トルク560Nm/6500rpmを発生するV型10気筒 5.2リッターエンジンをミドシップ。トランスミッションもウラカン EVO RWDと同様となる7速DCTを組み合わせています。 フロントとリアの重量配分は40:60。その最高速は324km/h、0-100km/h加速は3.5秒、0-200km/h加速は9.6秒という実力です。パワーウェイトレシオは2.47kg/psで、100km/hからの制動距離は32.2mという魅力的な数値がスペック表に並んでいます。 後輪駆動用の専用シャシーチューニング ウラカンEVO RWDスパイダーのサスペンションには、前後ともダブルウィッシュボーンとパッシブショックアブソーバーを採用。最適化されたドライバーフィードバックを提供します。ブレーキはベンチレーテッドおよびクロスドリルスチールディスクを備えています。タイヤは特別に開発されたピレリPゼロで、19インチが標準サイズ。オプションで20インチサイズのタイヤのほか、カーボンセラミックブレーキも選択可能です。 いっぽうウラカン シリーズに装備されているドライビングモードANIMA(Adaptive Network Intelligent Management=アニマ)はRWD専用にセッティングされています。さらにパフォーマンス・トラクション・コントロール・システム(P-TCS)の採用などによって、後輪駆動の走りが楽しめるように設計されています。P-TCS はステアリングホイール下部に設けられたANIMAで統合制御されています。 その走りは、あらゆる状況でドライバーのアドレナリンの分泌を促進。鋭いコーナリングやドリフトさなかでも一貫してトルクを提供し、トラクションを保証します。特にルーフが下がっている状態では、スロットルに反応するV10サウンドにより、ドライバーの感覚をさらに刺激します。 ANIMAの「SPORT」モードでは、オーバーステアの角度が急速に増したときに、トルクを制限して車両の安定性とコントロールを得ながら、加速中に後輪を滑らせるドリフトの楽しみを味わえます。もっともスポーティな「CORSA」モードでは、ハイパフォーマンスな状態でコーナーを出る際のトラクションと敏捷性を最適化し、ダイナミクスとスピードを最大化します。 ウラカンEVO RWDスパイダーでは、4WDモデルとは大きく異なるRWD専用エクステリアデザインが採用されています。大型化されたフロントエアインテーク、精悍さを強調するフロントスプリッターと垂直フィン、グロスブラックの最新型のディフューザーが装着されたリアバンパーは、クーペのウラカンEVO RWDと同様となるもので、軽快感と後輪駆動モデルのパフォーマンスを表現しています。 インテリアもウラカンEVO RWDに準じたもので、センターコンソールに搭載された 8.4 インチの HMI タッチスクリーンで、エアコンやオーディオ、車両のセッティングなどあらゆる機能をコントロール可能。電話やインターネット、Apple CarPlayなどのインフォテインメントシステムも利用可能です。 カラーリングや装備、内外装の仕様は、オーナーのライフスタイルを反映しながら選択することができます。

¥26,539,635Huracán EVO RWD

最高のパフォーマンスをピュアな後輪駆動で味わう V10エンジンを搭載するミッドシップ4WDスーパーカー、ウラカン シリーズがシャシーやパワーユニット、内外装を大幅にアップデートしウラカンEVOに進化。そのクーペとスパイダーに続く新たなラインナップが、2020年1月4日(現地時間)に発表された後輪駆動モデルのウラカンEVO RWDです。 ウラカンEVOのクーペおよびスパイダーはモダンランボルギーニでお馴染みの4WDを採用していますが、ウラカンEVO RWDではイタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミッドシップ後輪駆動に変更。フロントの駆動システムを取り除き、重量を1389kg(乾燥重量)に軽減し、より運動性能を向上させています。ウラカンEVOで定評ある軽量アルミニウムとカーボンファイバー製からなるハイブリッドシャシー、アルミニウムと熱可塑性樹脂によって構築されるボディに変更はありません。 ミッドシップされる5.2リッターV10エンジンは、最高出力が610ps/8000rpm、最大トルクが560Nm/6500rpmに抑えられますが、パワーウェイトレシオは2.28kg/psとなっており、0-100km/h加速が3.3秒、最高速が325km/hという動力性能を実現しています。40:60の前後重量配分やパッシブショックアブソーバーが搭載されたダブルウィッシュボーン式サスペンション、電気機械式サーボアシスト付きのランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)、最新のパフォーマンス・トラクション・コントロール・システム(P-TCS)の採用などによって「運転する喜びをもたらす後輪駆動の走り」が楽しめるように設計されています。 後輪駆動用に専用チューニングされた電子デバイス P-TCS はステアリングホイール下部に設けられたイタリア語で魂を意味するドライビングモードANIMA(Adaptive Network Intelligent Management=アニマ)によって、コントロールすることができます。このANIMAもRWD専用に調整されており、「STRADA」モードではグリップの低い路面でシステムが先を見越しトルクを管理、「SPORT」モードではドリフト走行が楽しめるよう後輪のなスライドは許容しつつ、急激なオーバーステアを検知すると駆動トルクを抑制し車両の挙動を安定させます。 もっともスポーティな「CORSA」の場合は、コーナー出口で最適なトラクションを得られるようタイヤのグリップ力を判断しながら後輪のスリップ量を調整します。このパフォーマンスは、先代の後輪駆動モデル、ウラカン RWDよりも大幅に向上されています。トラクションの制御は約30%スムーズになり、コーナー出口では約20%、オーバーステア時には約30%トラクション性能が向上しています。 さらに、電光石火のギアチェンジを可能にした7 速デュアルクラッチ・ギアボックス、クロスドリル加工ベンチレーテッド・スチールブレーキを備えるなど、走りに関する装備に抜かりはありません。日常走行はもちろんのこと、サーキットでパフォーマンスが存分に引き出せる後輪駆動専用にプログラミングされた電子デバイスや高性能な装備の採用も、ウラカンEVO RWDの特徴といえます。 ウラカンEVO RWDは、V10ランボルギーニのパワフルなデザインを引き継いでいますが、フロントとリアセクションは既存のモデルとは大きく異なります。大型化されたフロントのエアインテークに新しいフロントスプリッターと垂直フィンを備え、グロスブラックのリアバンパーにはこのモデルだけの最新ディフューザーが装着され、軽快感とパフォーマンスの両立を印象付けます。 コックピットでは、センターコンソールに 8.4 インチの HMI タッチスクリーンを搭載。エアコンやオーディオ、車両のセッティングなどあらゆる機能をコントロールできるだけでなく、電話やインターネットなどさまざまな接続手段のほか、Apple CarPlayも利用可能になっています。 内外装ともに、ランボルギーニのAd Personamプログラムの多彩なオプションを用いて カラーやトリムを自由にカスタマイズできます。また、新色としてのウラカンEVO RWDフォルムを際立たせるイエロー(Giallo Belenus)もラインナップに加わりました。インテリアトリムには、エクステリアカラーにぴったりとマッチする専用レザーとアルカンターラ・カラーも用意されています。

¥36,110,362Huracán EVO Spyder

V10ランボルギーニ史上最速のオープンモデル ウラカンの進化モデルとしてクーペモデルのウラカンEVOに続くオープンモデルが、2019年3月のジュネーブショーで、幻のワンオフモデル「J(イオタ)」の名を冠したアヴェンタドールSVJロードスターとともにワールドプレミアを果たしたウラカンEVOスパイダーです。 ウラカンEVOシリーズ第2のボディバリエーションとなるこのオープントップモデルは、電動油圧式の軽量ソフトトップを採用し、センターコンソールのスイッチひとつで簡単にオープンエアモータリングが楽しめるようになっています。伝統のソフトトップを採用したルーフの開閉に要する時間は、それぞれわずか17秒。50km/h以下であれば、走行時にも操作が行えます。 ソフトトップを閉めたスタイリングは、いかにもミッドシップモデル然としたトンネルバックスタイルとなり、最新のモデルでありながら伝統的なイタリアンスーパーカーのフォルムを見る者に印象づけます。 クーペにはないリアバルクヘッド上に設けられたリアウィンドウは、スイッチによってオープン/クローズがワンタッチで行えます。オープン時には風の巻き込みを和らげるディフューザーとして、クローズ時にはあえてこのリアウィンドウを開けることによって、エキサイティングなV10エンジンのサウンドをキャビンで楽しむことができます。 エアロダイナミクス性能の高さもウラカンEVOスパイダーの特徴です。最大ダウンフォース量と空力効率は第1世代の「ウラカン・スパイダー」の5倍以上に向上し、この5倍以上という数字は、オープン時でも変わらないとランボルギーニでは説明しています。 インテリアでは、センターコンソールにタッチスクリーン式の縦型8.4インチモニターを新たに搭載。スマホのような直感的なタッチ操作でカーナビやシート、エアコンの温度調節、LDVI、マルチメディアなどを自在にコントロールできるようになっています。 640psのペルフォルマンテと同じエンジンを搭載 車体中央に縦置きミッドシップされるパワーユニットは先に、登場したクーペモデルのウラカンEVOと同様、ランボルギーニV10史上最強モデルとして限定生産されたペルフォルマンテと同一となる最高出力640ps/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmというスペック。オープンモデルでありながら車両重量がわずか1542kg(乾燥重量)という軽量なウラカンEVOスパイダーは、0-100km/h加速を3.1秒で、0-200km/h加速を9.3秒で完了させます。最高速は325km/hに到達。これは現在の市販オープンモデルの中でもトップレベルのパフォーマンスになります。 後輪操舵システムを装備する進化したシャシーを採用 シャシーの進化も先行するウラカンEVOに準じています。後輪操舵とトルクベクタリングシステムを統合制御するランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)を搭載したほか、ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)や磁性流体サスペンションやアダプティブ・ネットワーク・インテリジェンス・マネージメント(ANIMA)など、最新の技術を余すことなく採用。史上最強と紹介しても過言ではないほど、スポーティな走りが味わえます。 歴代最強と言われたペルフォルマンテの心臓を移植し、感動的な走りをもたらすウラカンEVOスパイダー。オープンスーパーカーの醍醐味が、この1台にすべて凝縮されているといえるでしょう。

¥32,827,601Huracán EVO

ペルフォルマンテのエンジンを搭載したウラカンEVOがデビュー ウラカンEVOの最大の特徴は、ウラカンのスペチアーレといえる高性能モデルとして、2017年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたウラカン ペルフォルマンテと同じ最高出力640psを発生する5.2リッターの自然吸気V10エンジンを新たに搭載したことにあるでしょう。 リアミドに搭載されるこのエンジンは、最高出力640ps/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発生します。 繰り返しになりますが、ウラカン史上最強となるペルフォルマンテと同一のスペックです。 類い希なるパフォーマンス フロントフェイスは、大型化されたフロントのエアインテークが精悍な印象をもたらします。 同時に、新形状のサイドエアインテークやレーシングマシン、ウラカンLP620-2スーパートロフェオの技術を応用した上方排気システムの採用やボディと一体化されたリアスポイラー、新デザインホイールが進化を表現しています。 エクステリアの洗練やアンダーボディ形状のリファインで、ダウンフォース性能と空力効率は、なんと第一世代のウラカンの5倍に向上しました。 インテリアでは、センターコンソールにタッチスクリーン式の8.4インチモニターを新たに搭載した点がポイントです。直感的なタッチ操作でカーナビやシート、エアコンの温度調節、LDVI、マルチメディアなどのコントロールが可能になっています。 さらに、マルチフィンガージェスチャーコントロールという指先を使った動作や、音声によっても操作が行えます。さらにApple CarPlayといった、スマホ連動型のインフォテインメントシステムも装備しています。 もうひとつ、シャシー性能の向上も見逃せないトピックです。 ウラカンEVOでは後輪操舵とトルクベクタリングシステムを統合制御するランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)を採用しています。 このLDVIは、より高度な加速時計とジャイロスコープセンサーを採用し、バージョン2.0に進化したランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)や磁性流体サスペンションやアダプティブ・ネットワーク・インテリジェンス・マネージメント(ANIMA)と連動し、類い希なるパフォーマンスを提供します。 ANIMAの走行モードである「ストラーダモード」では、イージードライビングをもたらしながら機敏さを発揮し運転する楽しさを実現します。 「スポーツモード」では遊び心溢れる極めてエキサイティングなドライビングをもたらし、さらに「コルサモード」ではサーキットなどの極限の運転状況でシャープで応答性をみせる、まさにスーパーカーのパフォーマンスを披露します。 ウラカンEVOの車重はわずか1422kg。パワーウェイトレシオは2.22kg/psとなります。したがって、0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が9.0秒、ブレーキングにおける100km/hからの停止距離は31.9m、そして最高速度325km/hオーバーという、歴代カタログモデルトップのパフォーマンスとなります。

¥30,681,070Urus

Super Sports Utility Vehicle (SSUV) ウルスは初のスーパーSUVモデルで、ベンチマークとなる出力、パフォーマンス、ドライビング、素晴らしいデザイン、ラグジュアリーさ、日常での使いやすさを備え、ラグジュアリー・カーのカテゴリーに新たな地位を確立しました。 アウトモビリ・ランボルギーニCEO のステファノ・ドメニカリは次のようにコメントしました。 「ウルスは、ランボルギーニのDNAを最も汎用性ある車両、SUVに吹き込むという明確なビジョンを持ったアプローチを行い、これまで不可能だったスーパーSUVというレベルに到達しました。デザイン、パフォーマンス、ドライビング、エモーションの点で真のランボルギーニであると同時に、様々な環境に適した車です。ウルスはハイパフォーマンスカーとして、ランボルギーニ・ファミリーにフィットします。新しいタイプのファイティングブルを生み出すための研究開発の集大成であり、お客様と当社にとって、新たな可能性の扉を開く スーパーSUVです。」 Power & Performance ウルスは、新型のアルミニウム製4.0リッターV型8気筒ツインターボ、ガソリンフロントエンジンを誇ります。 ウルスの理想的な使用レンジを反映するため、ランボルギーニ初のターボエンジンを採用しました。 特にオフロードでは低回転での高いトルクレベルが必要となり、最適なエンジン応答性と効率を実現します。 ウルスは6,000 rpmでの出力が650 hp、最高回転数6,800 rpm、2,250 – 4,500 rpmで最大トルク850 Nmを発生し、比出力は162.7 hp/lです。 乾燥重量は2,200 kg以下で、最も優れたパワーウェイトレシオ3.38 kg/hpを備えたSUVです。 0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒。そして、最高速度は305 km/hです。一方、 ブレーキ性能は時速100 kmから停止までに要する距離は33.7mです。 低い位置に搭載したコンパクトなエンジンが、車両の重心を最適にします。 ターボチャージャーを燃焼室近くの中央部分に置いたことで、最適なエンジン応答性が確保されます。 ツインスクロール・ターボチャージャーは同時に作動し、全負荷状態で最大出力を提供します。 これによりターボラグが低減され、低速時でも、トルク曲線のあらゆる場所で最大トルクと円滑な出力提供を確保します。 2つ別の排気フローを採用することで、排ガス循環 での相互干渉を除去することができ、シリンダー内の連続燃焼を補完します。 新シリンダーライナー技術は、 ダブル・オーバーヘッド・カムシャフトと可変バルブタイミングを用いることで、重量を低減しつつ、8気筒エンジンの最高性能を確保します。 シリンダーの不活性化によって、燃料消費が減り、車両性能と効率的なエンジン機能の完璧なバランスが実現されます。 ウルスは8速オートマチック・ギアボックスを装備しています。 コンパクトで効率的な電気油圧式制御の プラネタリギアボックスは、極めて短いローギア比と長いハイギア比を実現するべく調整されています。 極めて効率的なスリップ制御付きコンバータ ロックアップクラッチと、特別に開発されたトルクコンバータは、 エンジンの極めて高い応答性を保証し、強力なスターティングレシオが気持ちを高揚させる加速を、低エンジン回転での高速度が最適な燃費と排出を実現します。非常に効率的なギアブレーキも確保されます。 ウルスの四輪駆動システムは、あらゆる道路と地面、天候状態で、安全で応答性の高いドライビング・ダイナミクスを 実現します。 Torsenの自動固定式セントラル・ディファレンシャルは、あらゆる運転(特にオフロード)で、最大の制御と機敏性を提供します。 独立したフロント・アクスルとリア・アクスルに、標準として40対60の比で トルクが配分されます。70%の最大動的トルクがフロントへ、あるいは87%がリアへ配分され、 路面との摩擦が大きくなることでアクスルへの牽引力が高まります。 リア・ディファレンシャルを経由するアクティブ・トルク・ベクタリングを特徴としており、ドライブモード、 運転スタイル、路面のグリップに応じて、個々のホイールへ瞬時に推進力が配分され牽引力を向上させます。 トルクベクタリングによりステアリングコントロールも向上することで、ステアリング操作が楽になり、機敏性が増すことでコーナリング速度が上がり、よりスポーティな運転が可能になります。ヨー運動は制御され、コーナー進入時のアンダーステアと加速中のタイヤスリップを防ぎます。

Country or region: Unspecified