整体院ふき・在宅鍼灸

Friends 1

タップして詳細をご確認ください

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症の症状

↑↑タップして下さい↑↑


変形性膝関節症の症状

【初期の症状】

初期には膝関節の違和感、こわばりを感じる程度で、どこが痛いのかはっきりしないことが多いです。

起き上がるとき、歩き始めるときなど、動き出しのときに痛みが出て、動き出すと痛みが軽減します。

病院では、湿布や痛み止めの薬の処方、ヒアルロン酸や炎症を抑える薬の注射、運動療法、温熱療法が行われます。

【中期の症状】

動き出しのときの痛みに加え、動くときに痛みを感じるようになります。

痛みが辛くなって、階段の昇り降り、しゃがみ込み、正座などができなくなります。

痛みは膝の内側や膝のお皿の部分に出ることが多く、関節液が溜まって関節が腫れてきて熱感があります。

変形性膝関節症が進行すると、膝関節に炎症が起き、関節液が通常以上に作られて、関節液が溜まっていき、そのせいで膝が腫れてしまいます。

病院では、湿布や痛み止めの薬の処方、ヒアルロン酸や炎症を抑える薬の注射、運動療法、温熱療法が行われます。

【末期の症状】

痛みのために膝が動かしにくくなり、関節が固まり伸ばせなくなり、O脚が進行してきます。

歩いたり、座ったりするのができなくなって、買い物、食事の準備、身の回りの片づけといった日常生活の動作が困難になります。

痛みが激しい場合には、人工膝関節手術が行われることもあります。

【病院での対応】

検査では、レントゲンを撮影して、軟骨のすり減り具合や骨の変形の具合などを確認します。

場合によっては、MRI、血液・尿検査なども行われます。

治療では、湿布や痛み止めの薬の処方、ヒアルロン酸や炎症を抑える薬の注射、運動療法、温熱療法が行われます。

「変形性膝関節症」「膝の痛み」の在宅鍼灸

病院や整骨院で良くならなかった方へ

在宅鍼灸のメリット

鍼灸は痛みを伴う症状の緩和に効果的です

どんな人が来てくれるの?

国家資格者の安心の鍼灸治療のお任せ下さい

出張エリア

在宅鍼灸治療料金

営業時間

当院のコロナ対策

患者様へのお願い

当院が使用する鍼(はり)について

当院が使用する灸(きゅう)について

整体院ふき・在宅鍼灸
「変形性膝関節症」「膝の痛み」の在宅鍼灸