asobi基地ユニバーシティ

Friends 622

募集のお知らせ受取には友だちに追加を♪

Social media

Follow us on social media

Mixed media feedSee more

asobi基地ユニバーシティって?See more

「やってみたい」「気になる」から出発して没頭することを、当たり前の自分の武器に。

大人になりつつある、思春期真っ只中の子どもたちには、目の前の一瞬を全力で楽しみ、人生のターニングポイントとなるような、一生モノの体験をしてほしい――asobi基地ユニバーシティは、そんな願いを叶えるプラットフォーム。

自分からおもしろそうなものを見つけ、世界を圧倒的に広げ、いつしか自分らしく社会に羽ばたいていくための滑走路です。

主役は、小学校高学年から中学生の子どもたち。子ども自身が主体的に選び、「自分で決めてやってみる」を通して、みずから深めていきます。

プログラム一覧

アドベンチャー学部

全国のアウトドアフィールドに年間100日近く出る生活を続け、親子引率のべ1,000名超の経験がある、よりかね隊長がプロデュースする、自然・アウトドアをベースとするプログラムです。 単なる自然体験ではなく、小学校高学年〜中学生のお年頃の子どもたちにとって、本当に価値があり、夢中になれる体験とは何か?を突き詰め、asobi基地ユニバーシティの根幹である「自分で決めてやってみる」を最大限に活かします。 一つは、世界自然遺産や、それに匹敵する、国内最高峰の自然がある非日常フィールドでの、1週間単位の留学や、2泊3日の旅・キャンプ。2021年現在、石垣島、白馬、津南、嬬恋を舞台とします。 もう一つは、関東近郊の近場フィールドでの、「自分で決めてやってみる」によりフォーカスしたプログラム。マップを手に、自分たちでゴールを決め、規定までの到着を目指す散策や、自分だけのテントで思うように過ごすキャンプなどを実施しています。

働く学部(トライアル中)

仕事とは、嫌なことを我慢するかわりにお金をもらうことではなく、価値を提供するかわりに対価を得ること。そして、ただ価値を出すだけではなく、それを必要としている人のところに、どうやって届け、どうやって買ってもらうのか? 子どもたちに、ビジネスや働くことそのものに興味を持ってもらう入り口として、誰もが気軽にスモールビジネスにチャレンジできる疑似マーケットプログラム「asobi基地マーケット」をテスト中。 最初は「お金をもうけたい」「●●がやりたい」という、シンプルな理由からスタートするはず。うまくいったり、いかなかったり、様々な実感や、気づき、発見の過程の中で、やりたい事を自分で計画し、実行できるようになる子も出てくるでしょう。 また、大人がどのようにお金を稼いでいるのかを知ったり、プロの仕事に触れたりするプログラムも展開していきます。2021年春には、プロのWebデザイナーとロゴ&HP制作をするオンライン企画を実施しました。

メディア学部(プログラム開発中)

インターネットが一般家庭に普及して、約20年。スマートフォンが登場してから、約10年。生まれたときから、インターネットが当たり前に存在していた世代の子どもたちを対象に、「自分だけのWebページ(メディア)を作る!」を入り口とするプログラムを開発中です。 一つは、インターネットの世界を覗きつつ、Webを身近なものに感じてもらう体験。専門的な知識がなくても、誰でも簡単に、見栄えの良いWebページをつくれる時代です。 二つ目は、仮想空間と言えども、眼の前の社会と同じルールやマナーを守らなければならないことや、匿名を使ってもバレてしまうこと、ネット特有のリスクなど、楽しんでいるうちに、“いろは” が身につくような仕掛けを用意します。 そしてなにより大切なのは、インターネットをどう活用すればいいのか、という視点。Webページ(メディア)も、ただぼんやりと作っただけでは誰も見てくれません。やりたいことを実現する武器にするためには、どうしたらいいのか?を知れるプログラムとします。

ホームルーム&部活動(準備中)

asobi基地ユニバーシティでは、リアルの関係性を大切にしつつも、オンライン・コミュニティを中心に置きます。 asobi基地ユニバーシティで出会った友だちや大人たち、他学部にいる個性的な同世代と、いつでも、どこにいても、社会がどんな状況でも、繋がり、コミュニケーションできるようにするためです。 オンライン・コミュニティは、asobi基地ユニバーシティの大人たちが見守る、安心の空間です。子どもたちは、学校の友だちだけではない、豊かな人間関係を育みつつ、オンラインでのコミュニケーション(インターネットにおけるルールやマナー、特有の危険性についてなど)を学ぶことができます。 また、興味・関心をベースにした、一回り小さなコミュニティ「部活動」では、「もっと知りたい!」「実際に行ってみたい!」「とことんやり尽くしてみたい!」という子どもたちの意欲に寄り添い、サポートしていきます。

You might likeSee more

Country or region: Japan